桜子先生事務局

2023年11月13日

<警告>桜子先生ストアで販売している楽譜について

こんにちは、桜子先生です。
今日の内容につきましては、
本来桜子先生事務局の法務担当よりお伝えする案件ですが、
私から説明させていただきたく、
私の書く記事といたします。
該当のかた、またすべての私に関わるかたに
お読みいただけますよう、お願い申し上げます。



昨日セミナーが終わりほっとしているときに、
あるかたのツイートが目に入りました。
使っていらっしゃる楽譜(やぎさんゆうびん)について、
この試験1か月前を過ぎたタイミングで、
「今まで聴いた中で一番ひどい」
「左手の音が違和感」
「原曲を無視してコードから音を散りばめられてる」
「素人が作った感を否めない」
「すぐにでもかえた方がいい」
と言われたとのことでした。

それはお困りだろうから、
私に楽譜を見せていただきたい、
とリプライしようとしたところ、
経緯から、
なんとその楽譜は私のものであることがわかりました。


どういうことだろう、と思っていたところ、
私の優秀な法務から連絡がはいり、
ラインのオープンチャット
「保育士実技試験音楽♪」
においての
やりとりであることがわかりました。
昨夜21時から、23時50分ごろにかけてのことです。

法務がすべて記録しており、
私も全部拝見いたしましたが、
おお、たいそうな言われよう。
面白いですね。


ここでまず、私の生徒様にお伝えいたします。
私の実技試験の音楽の楽譜は、
過去のものも、そして今回のものも
①保育士試験プロの私と、もう1人のプロで作成し
②音楽のプロの、音大ピアノ科卒、
現在音楽教室主宰、さらに商業の仕事もしているかたが
内容を細かくチェックし、修正し
③その楽譜を、作曲者様の事務所に送り、
内容を確認していただき、
(ここで修正が入ることがあります)
発売のご許可をいただき
④その完成品をジャスラック様に送り、
許諾をいただき、
ストアで販売しています。

つまり、
「保育士試験のプロ」の視点と
「ピアノ楽曲のプロ」の視点、
さらに「作曲者様」のご意向、
これらを踏まえた楽譜なわけです。

ですのでどうぞ安心して、
ご使用いただきたいですし、
この楽譜でたくさんのかたが合格しています。



ここからは、
オープンチャットの管理人のかたと、
この一連の流れの発言者に警告します。

あなたたちは、2020年ごろ、
まず私に「仲間になれ」という一方的なお誘いを
しましたね。
でも私はどこにも所属するつもりはなかったので、
お断りいたしました。
私は桜子メソッドを主宰しており、
私の指導は私独自のものだからです。
そのとき公にはしていませんでしたが、
すでにカドカワ様との出版の話が決まっており、
そういう意味でも、
特定のグループに名を連ねることはしたくありませんでした。

そこから私に対し、
長きにわたり、
いろいろなことを発言されていたのは、
実はすべて知っています。
2021年から桜子メソッドには事務局があり、
あなたたちのグループにも、
事務局のメンバーが参加しているからです。
しかも複数のアカウントで、です。

あなたたちが仲間だと思っている中に、
異分子がまぎれていると考えたことはありますか。
しかも、とてもフレンドリーな異分子です。
きっと誰がそうなのか、気づいていらっしゃらないですね。
すぐそこにいるのに。

事務局のその行為は、桜子メソッドを、
ひいては私の生徒様を守るためであり、
これまでもすべて発言は記録させていただいています。


ここに至るまで、
あなたたちのグループが
結構なことをおっしゃっていたのは知っていますが、
黙認していました。
しかし、実はあなたたちが相手にしているのは、
もう、ただのSNS上の一個人ではありません。
私は桜子メソッドという事業を主宰している事業主であり、
かつカドカワ様で保育士試験関連の業務を
すべて請け負っているプロ講師です。
あなたたちがされていることは、
「桜子先生」だけではなく、
「桜子メソッド」という事業、
かつ「カドカワ様」に対してであることを理解されていますか。

まして今回のご発言は、
非常に悪質な営業妨害であり、
名誉棄損ととらえます。

これだけ複数の専門家の目がはいっている楽譜が
「素人」?
私だけならいざ知らず、
きっとあなたと同等の立場の音楽の専門家、
さらに作曲者様の事務所の目が通っている楽譜が?
そこで校正校閲されているのに?
なんなら厳しく指導されたものを
修正して、販売しているのに?

よくおわかりにならないようですので
かみ砕いてお伝えいたしますと、
あなたたちがされた今回のことは、
たとえていうと「ヤマハ楽器」様が出版されている
出版物に対し、
公然と難癖をつけたのと同義です。
私の販売しているものは、そういう位置づけです。
もう、ただの一個人への攻撃ではないのです。



しかし私が本当に怒っているのは、
そこではない。

なぜこの試験1か月前を切ったタイミングで、
ここまで必死で練習してきた受験生に対し
「楽譜をかえろ」と言えるのですか。
試験までもうそんなに時間もない。
そこで楽譜をかえる負荷。
心理的な負担。
練習の苦難。
そういうことを踏まえて発言されていますか。

あなたは音楽のプロかもしれない。
でも、受験生に寄り添う心がない。
私にはそれが許せない。



「桜子先生の楽譜とは思わなかった」
という逃げ道がありますね。
それでもいいですよ。
でも私にはそうではないことはわかっています。
そして
「SNSには書かない方がいい」
ともおっしゃっていますが、
そこも甘い。
受験生にとって、
ここまで信頼して使用してきた楽譜について、
メタメタに批判されたのであれば、
その不安は吐き出したくなります。
そのかたは最初
私の名前は出していらっしゃいませんでしたが、
私のチームのかたたちが心配されてお声をかけたことにより、
結果としてそれは私の楽譜であることがわかり、
最終的にはご本人様と私がつながりました。
SNSってね、そういうものですよ。
それが怖いなら、
一切公開されているところでは
言わないことです。

これからあなたたちがどうされるのか、
引き続き拝見しています。
これ以上まだこの件について発言されるのであれば、
別の場所でお会いいたしましょう。
ほかの発言についても同様です。
もう決して見逃すことはいたしません。

また、私がここまで書きましたら、
このグループに参加されているかたは、
どのことかわかるでしょう。
それでいいと思います。

私の生徒様たちは、聡明であり、
冷静な判断ができるかたたちです。
私は皆さんを信頼しており、
皆さんが私を信頼してくださっているのもわかっています。
私は絶対に皆さんの信頼を裏切らない。
どうか安心して、
私の指導についてきてください。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 16:55|Permalink

2023年03月31日

<桜子先生事務局>先生の作成物と先生への連絡について

桜子先生事務局の法務担当です。

表題について連絡があり、
先生からブログをお借りしています。
今回は法務的な内容になりますので、
僕からとなります。


先日先生がブログで書いていましたが、
先生の作成物について、
齟齬があった場合、
ダイレクトメッセージではなく、
必ずリプライでご連絡ください。

先生も驚いていましたが、
今回のささやかな齟齬について、
いきなりダイレクトメッセージを送ったひとが、
50人近くいました。
「なぜ記事を削除したんだ」
「すぐにPDFを公開してほしい」と
一方的に要求するメッセージも多くありました。
(こちらの方が多かったです)
これでは先生が疲弊してしまうのも当然です。


法務の僕と事務局全般を担当する者で
内容をすべて確認しました。
先生への連絡ツールについて
知らないのかもしれませんが、
先生は繰り返し
いきなりのダイレクトメッセージは受けない旨を
アナウンスしています。
今回届いたものについては、
すべて記録し、
そして僕の権限で削除しました。
その際僕からメッセージを送っていますので、
受け取ったひとはわかりますね。


僕は先生の作られるものについては、
専門外なので多くを語ることはできませんが、
その内容の緻密さや濃さについては、
生徒さんと同じように理解しています。
まして普段平日仕事に行っていて、
帰宅後に作成していることも知っているので、
その中でのあの完成度はすごいと素直に思っています。

ただもちろん間違いがあってはいけませんが、
それでも先生は気づき次第対応しています。
今回の経緯を傍からみていると、
こんなに大量にダイレクトメッセージを送ることなのかと
正直疑問に思います。
また先生が意図をもって削除した作成物について、
ダイレクトメッセージで公開を求めるのは違う、と
ここは強く伝えます。
試験前とはいえ、冷静になることも必要です。


事務局のスタンスとしては、
先生を守るということになりますので、
あまりにもルールを理解しないケースにつきましては、
法務担当の僕から直接アカウントに連絡させていただきます。
今回以降、
①連絡がなく送られたダイレクトメッセージ
②内容が不適切なダイレクトメッセージ
については、
(1)返信をせず削除
(2)事務局から返信
のどちらかで事務局が対応します。

またリプライについても同様です。
リプライについては、
事務局全般の業務を担当する者もみています。
その上で内容的に疑問をもつものについては、
僕に連絡がくることになっています。
その上で僕からリプライというかたちで
お声をかけさせていただきますので、
よろしくお願いします。


先生にメッセージを送りたいという気持ちは、
事務局でも重々理解しています。
その場合は、必ずルールを守って、
事前に先生にリプライで許可を得ていただきますよう
お願いします。
先生は基本断りません。
事務局からすると、忙しいのになぜ、と思いますが、
それが先生のポリシーだからだそうです。


以上、事務局法務担当でした。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 19:59|Permalink

2023年02月26日

<桜子先生事務局>先生へのコンタクトのルール

桜子先生事務局です。
私は先生の業務の全般的な管理を担当する者です。
ここに書かせていただくのは初めてになります。
どうぞよろしくお願いいたします。


先生にリプライやダイレクトメッセージを送られる際の、
コンタクトのルールについて、
再度皆様にご確認いただきたく、
皆様の目に触れる機会の多い日曜日に書かせていただきます。
以下をご一読ください。

<リプライ>
大歓迎です。
先生は忙しいかたではありますが、
基本すべてのリプライに目を通されています。


<ご質問>
まずはリプライで、
①何からの質問か
②どこがどうわからないのか
を明確にしてお申し出ください。


ただし、
有償教材やカドカワ様の教材については、
リプライでは回答できません。
その際は、
「有償教材についての質問があります。
〇〇の〇〇についてです」
と該当箇所をリプライでお申し出ください。
その後ダイレクトメッセージに誘導いたします。


また、最近増えてきていますが、
*先生の教材ではないものからのご質問
*先生の教材と他社様を比較したご質問
には回答できません。

先生が作っていないものについては、
その根拠がわからず、
また他教材の権利を侵害しないという意図があるからです。
ここに先生がいらっしゃるので、
気軽にお声をかけてくださるのかと推察しますが、
他社様の教材は、該当の出版社様にお問合せください。


<ダイレクトメッセージ>
原則お受けしていません。
お受けする場合は、
①事前にリプライで
「〇〇について相談したい」と趣旨を明確にし、
②先生からダイレクトメッセージに誘導される
の2段階が必要です。

私が事務局に入った2022年以前は、
いきなりのダイレクトメッセージが1日100件以上届き、
先生がかなり疲弊されていたと聞いています。
最近はルールが浸透し、
いきなり送られるかたは減りましたが、
それでもまだいらっしゃいます。

いきなり送られてきたダイレクトメッセージには、
基本は回答しません。
それは結局はご自身の不利益になりますので、
必ず段取りを踏んでお申し出ください。



また、ほとんどのかたはそのようなことはないのですが、
先生にダイレクトメッセージを送り、
先生から回答があったその後、
それっきりのかたがいます。
事務局からすると、
これは先生に対し失礼な行為だと感じます。
お礼がほしいのではなく、
確認したかどうかを知りたいので、
ハートだけでも押してくださいとのことです。
(私はそれもどうかと思いますが、
先生はそれでいいとのことです)
またダイレクトメッセージについては、
事務局が内容を拝見していることを
改めてご承知おきください。



以上になります。

チームの組織が膨大となり、
先生おひとりでこれまでどうされていたのかと、
本当に驚きます。
私たち事務局は、それぞれ担当が違いますが、
少しでも先生の手助けをし、
先生がチームの皆さんのためにお力を発揮できるよう、
影武者として機能してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 12:50|Permalink

2023年02月23日

桜子先生事務局法務より警告

桜子先生事務局法務担当です。

お客様から、
「インスタグラムで先生の著作物を使用し、
保育士試験の指導をしようとしているひとがいる」
と報告がありました。


桜子先生の無償教材・有償教材は、
桜子先生の著作物であり、
著作権は桜子先生にあります。


先生の許可なく、
勝手にそれらを使用し、
保育士試験の指導に使うことはできません。

またそれらから抜粋し、
たとえばテストなどを作成することもできません。

さらにそれらを使い、
お金をとり指導することもできません。


そのような行為は著作権侵害となります。
発見次第、法的措置をとります。


桜子先生のもとで学習されたのであれば、
先生がどのような意図で教材を作成されていたのかを
ご理解されていると事務局は思っております。
先生の信頼を裏切るような行為は今すぐおやめください。



皆さんの中で、
上記の行為をみつけられた場合は、
お手数ですが桜子先生のTwitterアカウントにご連絡ください。
僕が対応させていただきます。


以上、よろしくお願いいたします。





hoikushshisakurako at 09:15|Permalink

2023年01月18日

桜子先生事務局法務担当よりお知らせがあります

桜子先生事務局法務担当です。
先生からブログをお借りして、お知らせがあります。
皆さんに周知徹底していただきたいことです。


僕が昨日先生のアカウントからツイートしたこと、
また先生がその後ツイートされたことを、
みていただいていますか。
SNS上の誹謗中傷についてです。


チームの皆さんにわかりやすくお伝えするために、
以下の記事を引用します。
ネット誹謗中傷弁護士相談cafe様のものです。

https://www.fuhyo-bengoshicafe.com/bengoshicafe-12441.html


この記事にあるように、
桜子先生やチーム桜子について、
はっきり明記しないとしても、
イニシャルや伏せ字などを使い、
誹謗中傷を行った場合、
それは名誉棄損になるのかどうかという点です。

調査によると、
桜子先生の保育士試験指導としてのネット上の活動は、
保育士試験に特定した場合、
ブログのヒット数でいうと、
他者の追随を許さないPV数、UU数であり、
保育士試験の指導者=桜子先生
という認知はかなり進んでいるものと推察されます。
また先生の作っているグループが、
チーム桜子、桜組という名称であることは、
先生の生徒さんである皆さんが名乗られていることにより、
こちらも周知されていると推察できます。


そのような状況において、
保育士試験に関するネット上の場所で
たとえイニシャルや伏せ字を使ったとしても、
それは先生や生徒さんのことだと容易に特定できます。

したがっていくら
先生のことを
*S子
*欅子
*さ子
*教祖様

チーム桜子のことを
*枕組
*櫻組
*信者
などとぼかしても、それは先生や生徒のことだと特定できます。

また先生の活動について、
悪意をもって誤認し、
それをSNS上に書くといったことも、
先生が特定できるものであれば、
それは名誉棄損であり、侮辱となります。
くわえて自身が発信していないとしても、
中傷をしている者に対し、
「いいね」を押したり、
賛同のリプライを送った場合は、
その者も名誉棄損の対象となります。


さらに試験の合格通知到着時期には、
チームメンバーの特定のかたについての
誹謗中傷ともとれる書き込みが、
掲示板などにみられます。


桜子先生は僕のクライアント様で、
僕は依頼されて、SNS上の案件を管理しています。
こういったすべてのものは、
僕が依頼された2022年から記録されており、
先生から指示があれば、
僕の事務所は動くことになります。
先生はなるべく穏便にしたいというお考えですが、
もう先生のお立場において、
こういったことを見逃すことは、
先生の権利を侵害するだけではなく、
先生の価値をも下げることになると提案しました。
先生の了承を得ましたので、
この記事をもって、
以降は事務的に案件を進めていきます。
どなた様もそれを意識して発言するようにお願いします。


僕の事務所はSNS案件を専門としており、
先生に対する不適切なツイート、掲示板、
ライングループなどの書き込みについては、
2022年より記録し、アカウント、ipアドレスをすべて保存しています。



あわせてお伝えしますが、
いまいちど著作権についても、
各自しっかりお考えください。

メルカリで先生のPDFを転売しているケースにつきましては、
必ず事務局からお声をかけ、
取り下げない場合は、
損害賠償を請求します。



以上、先生のブログをお借りし、
クライアント様の利益のためにお伝えいたしました。

それでは先生にアカウントをお返しいたします。
読んでいただきましてどうもありがとうございました。



hoikushshisakurako at 21:23|Permalink