★さまざまなクラス★

2023年01月29日

いまの学習について(試験2日目の科目②)

こんばんは、桜子先生です。


各科目の学習について、
いまやるべきことをお伝えします。

いまは、基礎を固める時期です。

初受験のかたも、再受験のかたも、
いま~2月末までの学習を説明しますね。
今日は2日目の科目のうち、残りの2科目です。

<子どもの食と栄養>
この科目については、PDF倉庫を用意しておりません。
その代わり、過去のブログで参考になるものが結構あります。

「日本人の食事摂取基準」について
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/25700965.html

暗記用テスト集
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/25810275.html


YouTubeまとめ集
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27447762.html


<保育実習理論>
こちらはシンプルな3分野に特化したPDF倉庫。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29234938.html

そしてYouTubeおまとめ。

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/22825881.html


コードネーム転回形の解き方。



栄養と実習については、
どんとこいシリーズも作っていきますね。
ついてきてくださいね!




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 20:50|Permalink

2023年01月22日

いまの学習について(試験2日目の科目①)

こんばんは、桜子先生です。


各科目の学習について、
いまやるべきことをお伝えします。

いまは、基礎を固める時期です。

初受験のかたも、再受験のかたも、
いま~2月末までの学習を説明しますね。
今日は2日目の科目のうち、3科目です。

<教育原理>
この科目は、とにかく
*教育関連法
*教育者
を徹底的につめることです。
この2分野で5問は確実なので、
ここを落とさないことが合格のポイントです。

まずは無償のPDF倉庫から、
出題される教育関連法をしっかり暗記しましょう。

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29183466.html

動画も結構役に立ちます。

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27445538.html

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29707245.html

さらに答申の練習問題。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29833545.html



<社会的養護>
まずは同じく無償のPDF倉庫です。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29288378.html

そして動画もしっかりありますよ。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27445512.html

これは本来トライアングル生のための動画ですが、
これだけとても大事なので共有します。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/30309181.html

社会的養護関係施設職員の一問一答。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27430976.html

法改正動画。


大事な児童虐待のデータ。



<子どもの保健>
まずはこの無償PDFの内容がほんとに大事です。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29260086.html

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/30572380.html

上記のPDFは、試験に出るであろうものをまとめています。
もしまだ使っていないのならぜひご活用ください。


さらに動画もあります。
運動機能の発達
https://youtu.be/IKPLqFQvCqI

微細運動機能の発達
https://youtu.be/sent3QXqFg0

「子どもの看護」
https://youtu.be/jTNto_UfzMY



webテストについては、昨日お知らせした通りです。



次回は残り2科目について説明しますね!


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 21:04|Permalink

2023年01月21日

いまの学習について(試験1日目の科目)

こんばんは、桜子先生です。

令和5年前期試験の申請も始まり、
そろそろ
「受験するんだ」
という自覚が出てきた頃でしょうか。


そうすると、
「今の学習でいいのかな?」
と不安になってきますよね。


そこでこのタイミングで、
各科目の学習について、
いまの学習の目途のようなものをお伝えいたします。
まずいまは、基礎を固める時期です。
初受験のかたも、再受験のかたも、
いま~2月末までの学習を説明しますね。


<保育の心理学>
こちらはハートコースが進んでいますが、
こちらをしっかりついてきてください。
ここから人物に特化した講義を進めていきますが、
試験に頻出の心理学用語にからめていきますので、
ハートコースをすべてこなすと、
予想外の出題以外については、
だいぶこなせるようになっているはずです。
またその知識が定着したかどうかについては、
2月頭に過去問題100問分を販売しますので、
よかったらこれで問題のシャワーを経験してくださいね。


<保育原理>
とにかく「保育所保育指針」ですね。
ひたすら暗記ですが、
ここについては、いろいろ動画があります。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27447892.html

さらに無償のPDF倉庫を活用してね。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29251805.html


<福祉系3科目について>
トライアングル生は、そのままカリキュラムについてきてください。
また、トライアングル生ではないかたは、
ここでトライアングルのカリキュラムを公開しますので、
私が気を付けてほしいポイントはここなんだ、ということを理解して、
ご自身でも学習を進めてください。

2023年1月19日現在のトライアングルカリキュラム



ではそれ以外のことをお伝えします。

<子ども家庭福祉>
トライアングルで取り上げていない項目について、
ここで補強していきます。
これもハートコースのような感じで進めていきますね。

また以下のブログ記事は古いですが、
実は試験というのは、ちょっと前の情報から出題されますので、
ここに記載されている内容も要注意です。
URLを踏むと動画に飛びますので、
まだご覧になっていないのであれば、
ぜひこの時期に確認しましょう。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27446130.html


それから2022年4月1日基準日の最新法改正も、
令和5年前期では出してくるのではないかと思います。
ですので以下の動画を観ておいてください。










<社会福祉>
ここ2回分の「社会福祉」をみると、
私の所感では、ずいぶんノーマルな出題になったと感じます。
以前はここの学習は、
重箱の隅をつつくような、細かく深く幅広い内容を要求してきましたが、
最近はそうは思いません。
とはいえ、
以下のPDF倉庫の内容はしっかり把握しておいていただきたいです。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/29175903.html

また以下の動画集は、
「子ども家庭福祉」同様古いですが、
今度の試験でも対応の範囲です。
こちらもご覧ください。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/27445168.html

さらに2022年4月1日基準日の最新法改正で
注意しなくてはいけないのは当然こちらです。



また、webテストもご用意しています。
webテストについては、別ブログでご紹介します。



ここまでの学習について、
2月末までには、
①ご自身のテキストの内容の理解
②上記ブログ記事の動画、PDFの確認
③webテストを繰り返す
④私が出す新しいコンテンツに取り組む

という学習がよいでしょう。


ここでしっかり基礎を固めておきます。
過去問題については、
初受験のかたに関しては、まだ取り組まなくてよいです。
特定の科目を落としたかたは、
すでに前回の学習で取り組まれているはずですので、
もう1回すべておさらいし、
この時点でできなかった問題をピックアップし、
その分野を復習してください。



こんな感じでいかがでしょうか?

今回の記事はコメント欄を開放しますので、
今日取り上げた科目について、
学習方法でわからないこと、心配なことがありましたら、
コメントとしてお寄せください。
それをとりまとめて、全体に向けて回答します。
(ただしあまりにも個人的な内容はNGです)



以上、1日目の科目について説明しました。
次回のブログでは、2日目の科目について取り上げます。
楽しみにお待ちくださいね。


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ








hoikushshisakurako at 20:14|PermalinkComments(9)

2023年01月19日

受験申請は済みましたか(実技対策について)

こんばんは、桜子先生です。


17日から始まった受験申請ですが、
皆さん無事に済みましたか?

マイページを作成したのにメールが届かない、
というかたは、
ぜひご自身のメールフォルダのうち、
「迷惑メール」
をご覧になってください。
そこに行ってしまっている可能性が高いです。


無事に登録し、申請が終わった場合、
特にあちらからは連絡はないそうで、
それもまたちょっと不安ではありますが、
不備の場合は連絡があるので、
そこは落ち着いていましょうね。

私が心配しているのは、
コンビニ払いを選択して、
そのまま払いにいくのを忘れることです。
コンビニチームのかた、大丈夫かな?




さて、このタイミングで、
実技の2科目を決められたと思います。
今後の私が提供する有償教材についても、
ここで予告しておきますね。


まず
言語については、
すでに台本を桜子先生ストアで販売しています。
こちらはそのままお話すれば3分になるようにまとめられているもので、
どのように話すかのアドバイスもついています。
2019年からお題が変化していないことをみると、
実際話の細かい内容は大事ではないのでしょう。
であれば、台本おこしで苦労するくらいなら、
これを使ってください。


音楽
については、
すでにシンプルな楽譜を作成済です。
ただ、ジャスラック様と、作曲者様の許諾が必要なので、
もうちょっとお待ちくださいね。
許諾が下り次第販売します。
たぶん2月中旬くらいまでには必ず。

あとこれは皆さんに注意ですが、
書店や楽器店で売っている楽譜はOKですが、
個人がネットで売っているものについては、
ジャスラック様の許諾がついているか、
また今回は「やぎさん」の方が
作曲者様がいらっしゃるので、
その作曲者様(團伊玖磨先生)の許諾を得ているのかどうか、
を必ず確認してください。
それがないと、楽譜は販売できません。


造形
については、
今季から、オンラインの添削コースを
bouquetとともに実施することになっています。
評判高いbouquetの指導がオンラインで受けられます。
こちらは確定次第販売しますので、
楽しみにお待ちください。
多分世間で同様なことをされているものより、
安価です。



最後に、
令和4年後期の実技試験で不合格になった、
実技試験桜組のメンバーについては、
別クラスを結成し、指導します。
こちらは私から連絡しますので、
しばしお待ちくださいね。



以上、
いよいよ試験、っていう感じになりましたね!
ここからは1日1日を大事に過ごしていきましょう。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:35|Permalink

2023年01月17日

実技試験を振り返って

こんばんは、桜子先生です。


今日くらいに、だいたい皆さん結果がわかりましたでしょうか。
なんと今回のオンライン申請でマイページに登録すると、
令和4年後期以前の合否もみられるようになるのですね。
万が一まだ葉書が届かないかたは、
オンラインでマイページを作成してみてください。



さて、このタイミングで、
令和4年後期の実技試験を振り返ってみましょう。
今日は講師の目で、
冷静に語らせてください。



皆さんのお話と過去の状況から、
やはり実技試験は最後の砦だと思います。
実技のテクニックもみていますが、
「保育士としての適性」を厳しくチェックしているのでしょう。

今回私のところに、
残念な結果だったと報告にいらしてくださったかたは、
現時点で50人を超えます。
なんとなくの風潮で
「実技試験はほとんど落ちない」
と思っているかもしれませんが、
そんなことはありません。
案外、しっかり不合格になります。


ここで不合格になる要因は大きく3つです。

1つは、
パニックになってしまう。

保育士としての試験なのにパニックになってしまったら
実際の現場で子どもを預けることはできません。
過度な緊張は、どうしても大きなマイナスになります。


2つは、
保育としての正しさを表現できていない。

たとえば造形で求められているのは、
決してうまい絵ではありません。
何が求められているのかがわからないと、
的外れな絵を描いてしまいがちです。

たとえば今回の造形は、
「3歳、まめまき」
でした。
わああ、そうきたか、と思いました。
これは3歳児クラスのまめまきが、
どのような意図で
何に注意して行われているのか、
その保育の現場での様子がわからないと描けません。
なんで3歳児を指定してきた?
まめまき、というパワーワードは何?
3歳が鬼の絵に対してどう反応する?
そのあたりが問われていたのでしょう。
「まめまき」という記号が、
どんな意味をもっているのか、
しっかり想像できたでしょうか。


3つは、
技術の問題。

やはり基本的な技術と、
それを裏付ける練習量は絶対に必要です。
少ない練習量は見破られます。



合格されたかたは、
ご自身の点数が気になりますね。

30点とれればいいので、
そこは気にしないでいいでしょう。

30点だったかたは、薄氷を踏むような気持ちかもですが、
確かに一歩間違えれば不合格だったと思います。
ただ試験官には、
「落とさないであげよう」
という意思がはたらいたのですね。
それは真面目さか、人柄か、なのだと思います。
そこは評価されているので、胸を張ってください。
ただ実技の技術については、
これからも油断せずいきましょう。


また、満点のかたには、
それなりの理由がありますね。
いつか機会を得て、
満点のかたの実技を拝見したいです。
特に造形で満点だったかたがいらしたら、
私にお声かけください。



令和5年に実技試験を受験されるかたには、
たくさんアンテナを張っていてね、
筆記試験の勉強も、実技試験に通じるよ、
とお伝えしておきます。
たとえばしっかりこんなものも勉強していれば、
今回の造形に役立ちました。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_047/#:~:text=(1)%E8%B1%86%E3%82%84%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%84%E9%A1%9E,%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82



前期の実技試験で夏の桜を咲かせるかたたちは、
筆記試験の勉強とあわせて、
少しずつ実技の準備もしていきましょう。
こちらは前期試験桜組の枠のなかで、
タイミングをお声かけしていきます。
先輩たちのあとに続きましょうね。



今回合格された皆さん、
ほんとうにおめでとうございます。
残念だったかたは、次こそですよ。
合格までサポ―トしますので、
よかったらついてきてくださいね。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 22:22|Permalink