・後期試験桜組

2023年11月28日

前を向く(振り返らない)

こんばんは、桜子先生です。


今日、令和5年後期の筆記試験の結果が出ましたね。
ふたを開けてみれば、
私が出した科目については、全部私のと同じで、
またほかの科目についても、大手さまが出された解答と同じで、
だいたいが皆さんの予想通りの結果だったのではないでしょうか。


今回の試験についてのあれこれは、
また12月から発足する前期試験桜組に任せるとして、
全員に言いたいのは、
「前を向く」
ということです。

これは今回筆記を合格されたかたも、
残念ながら不合格だったかたも、です。

点数がどうだったとか、
もう忘れましょう。
結果は結果です。
それをふまえて、
実技試験に進むかたは、
ここからあと12日、必死でがんばりましょう。
不合格だったかたは、
その事実だけをもって、
もう何も振り返りませんよ。



試験って、受けて、結果が出る。
そしてそれからどうするかを決める。
これだけです。


だから特に今日不合格だったかたに言いたいのは、
いいんだよ、もう結果なんて。
ここからまたあと5か月後には、
あっというまに前期試験です。
不合格はやだけどね、でもね、
ここからもっともっと深い知識を得ることができるんですよ?
それってわくわくしない?
今回心理とかいやらしかったから、
またハートコースとか新しいの作るし、
福祉系については、トライアングルが最強です。
ぷりてぃテストだって、
ますます重箱の隅をつついて、
「桜子先生のバカー!」
っていうような問題作りますよ。
楽しくない?
知識の鎧は、意識をすることでどんどん強固にできる。
その鎧は一生脱げない。

ね?
だから前を向きましょう。



同じ後期試験桜組だったメンバーは、
ここで完全に解散して、
別々の道を進むけれど、
みんなの胸には🌸がついてる。
それはがんばってきた証。
誇りの印。
それをもって、
次のステージに進みましょう。

私は全員の夢がかなうまで、ここにいるからね!
みんなで夢をかなえようね。
それは必ずできるよ!!!!!!




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 17:08|Permalink

2023年10月24日

令和5年後期試験の総括

こんばんは、桜子先生です。

今日の心理学をもって、
私が事前にお約束していた見解は、
すべて公開いたしました。

ただ告知しました通り、
それが正答とイコールかどうかはわかりませんので、
ご容赦くださいね。
また後程考えを変える可能性ももちろんあります。




それでは今回の試験について、
総括を行います。
私は今回の試験で、ある特徴を確信しました。
今後もし筆記試験を受験されるのであれば、
知っておかなければならないことです。


この記事は後期試験桜組で頑張っていたかたに
ご覧いただくべきものですので、
パスワードをかけます。


パスワードは、
「桜子先生が売りつけている(と仮定している)ものは何?」
です。
難しいかなー・・・
(チーム桜子ならわかるはず)

満開部のかたもおわかりになるはずなので、
よろしければご覧ください。
万が一後期試験桜組さんでわからなければ
私にこっそり話しかけてください。


それではどうぞ。
続きを読む

hoikushshisakurako at 22:46|Permalink

<令和5年後期>「保育の心理学」見解(20231024 0900時現在)

こんにちは、桜子先生です。

令和5年後期「保育の心理学」について、
校閲者さんとすり合わせができましたので、
皆さんに公開します。
2023年10月24日午前9時現在のものになります。


こちらはあくまでも「桜子先生」としての
今時点の見解であり、
今後変更される可能性があります。
また後日公表のセンターの正答と異なることもあります。
それをご了承の上、ご覧ください。

また、こちらのPDFを拡散されることを禁じます。
あくまでも個人でご利用ください。



今回の問題をみて、
「ああ、これから保育士試験は、
特定の1科目しか受験しないとしても、
複合的な知識を要求してくるんだな」
と改めて実感しました。
今回もしこの科目だけ残し
いわゆる心理学的なことのみを学習していて、
過去の福祉系の知識がすっぽり抜けてしまっていた場合、
解けない問題もあったのではないでしょうか。
また、きかれていることについて、
「そうじゃないからこちら」
という解き方ができたかどうか。
このあたりが分かれ目だったのかなという印象です。


それではどうぞ。
ただし「保育の心理学」については、
裏は全部とり、校閲者さんともすり合わせたものの、
結構ひっくり返る科目でもあり、
これで100%任せろ、とは断言できません。
今現在の私の知識のできるすべで作成いたしました。
そのあたりをご了承のうえ、ご覧くださいね。


以上をもって、私がこのような見解を公表するのは
いったん終了です。
後ほど別ブログにて、
今回の試験の総括をいたしますね。
よろしくお願いいたします。


*パスワードを設定しています。
次の画面へどうぞ。





よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ続きを読む

hoikushshisakurako at 17:04|Permalink

2023年10月23日

「社会福祉」齟齬があるという問題について

こんばんは、桜子先生です。

うわさによると、
こちらの問2と問9が他社様と割れているそうで、
私のいまの考えをお伝えします。
この2問は実は熟考した問題です。

令和5年後期「社会福祉」見解(20231023 18時現在)






<問2>
これはBの解釈です。

B 「新救貧法」(1834(天保5)年)では、窮民の援助は、最下層の労働者の生活以下にとどめ、働 ける者には強制労働を課した。

具体的には、「強制労働」ってとこです。
私は最初、
「これはエリザベス救貧法」のひっかけだ、と
思いました。
だから×なのかなーと。
でも、いろいろ調べてみると、

たとえばコトバンクのこちら。
https://kotobank.jp/word/%E6%96%B0%E6%95%91%E8%B2%A7%E6%B3%95-81476

またはこのかたのブログ
https://www.y-history.net/appendix/wh0904-065_1.html

https://sw.self-sufficiency.jp/british-welfare/
ワークハウス=院内の強制労働ですね。

こんなテストも
https://relax-job.com/more-health/7964

ですので、これは〇だと判断しました。


<問9>
ここについては、
実は満開部のソーシャルワーカーのプロである
へしこちゃんにご意見を伺った問題です。
(へしこちゃん本当にありがとうございました)

次のうち、相談援助の展開過程の中の「インテーク」に関する記述として、適切な記述を○、 不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A インテークでは、相談者から発せられた非言語的表現に左右されることなく、
相談者の発言から 困っていることを明らかにする。
B インテークでは、信頼関係を形成するためにも、話しやすい雰囲気や環境を整える。
C インテークで支援者は、相談者にどのような支援ができるのかを伝える。

(組み合わせ)
 A B C
1 ○ ○ ×
2 ○ × ○
3 ○ × ×
4 × ○ ○
5 ×    × ○


こんな問題でした。

Bは迷わず正解、
そしてCについては、
全社協テキストp141に同じ表記があるので〇です。
とすると
〇〇は4しかありません。

でも私は最初Aを逆の意味にとらえていて、
これは〇だ・・・だとすると正解がない・・・
と困っていたのですが、
へしこちゃんより、
「非言語表現に左右されなくちゃだめなんですよ」
と教えていただき、
あ、これ逆に考えていた、と気づきました。
これはへしこちゃんに教えていただいたのですが、
「メラビアンの法則」というものがあります。
簡単にいうと、
人の印象は、言語情報は7パーセント程度しかない、
というものです。
こちらワムネットの記事です。
https://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top/column/communicationskills/communicationskills008.html

つまり、インテークでは、
相談者の非言語表現を大事にしなくてはならない、
そこから相談者の真意がみえてくることも大きい
ということです。
つまりAは×です。



以上の考えで見解を出しましたが、いかがでしょうか?
「やっぱり先生違うよー」
とのことであれば、
ぜひリプライでご意見をいただければと思います。


ただこれは私と校閲者の考えです。
もしかしたら他社様の方があっているかもしれません。
そしたらごめんーー!


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ





hoikushshisakurako at 19:42|Permalink

<令和5年後期>「社会的養護」見解(20231023 18時現在)

こんばんは、桜子先生です。

大変お待たせいたしました。
令和5年後期「社会的養護」の、
2023年10月23日18時現在の
私の見解をお届けいたします。


こちらはあくまでも「桜子先生」としての
今時点の見解であり、
今後変更される可能性があります。
また後日公表のセンターの正答と異なることもあります。
それをご了承の上、ご覧ください。

また、こちらのPDFを拡散されることを禁じます。
あくまでも個人でご利用ください。


それでは「社会的養護」です。
私個人としてはこの科目はものすごく研究しているので、
とても解きやすかったですが、
いかがですか?
根拠も明確な問題だったと思います。


*パスワードを設定しています。
次の画面へどうぞ。











よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ続きを読む

hoikushshisakurako at 18:16|Permalink