・前期試験桜組2021

2021年05月04日

問題リクエストにおこたえします(「子どもの保健」)

こんばんは、桜子先生です。

今日は令和3年前期の問題解説リクエストにおこたえします。
「子どもの保健」です。

ちょっと今回は悩む問題がありましたよー。
この時点での私の見解をお伝えしています。

それではどうぞ!!!
https://youtu.be/XxAftmcbPXc



こうやって問題の振り返りしているけれど、
くれぐれも「やすむ」ということを忘れないでね。
リフレッシュしていただきたいです。



ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 20:27|Permalink

2021年04月30日

問題解説のリクエストにおこたえします(その3)

こんばんは、桜子先生です。

今日は令和3年前期の問題解説リクエストにおこたえします。
「保育原理」の問16です。

事例問題は必ず出題されますが、
その際いくつか注意するポイントがあります。

*事例の登場人物の年齢と時期
*「保育所保育指針」の考え方


今回の場合、
大事なのは「子どもが主体であること」「保育士は後ろから見守る」
でした。


それではどうぞ!!!
https://youtu.be/McjGYdrd0T4



こうやって問題の振り返りしているけれど、
くれぐれも「やすむ」ということを忘れないでね。
リフレッシュしていただきたいです。



ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:48|Permalink

2021年04月28日

問題解説のリクエストにおこたえします(その2)

こんばんは、桜子先生です。

今日は令和3年前期の問題解説リクエストにおこたえします。
「保育実習理論」の問3です。

受験されたかたならおわかりですが、
問3というのはいつもコードネーム問題ですね。
そしてその出題パターンはずっと同じでした。

しかし今回は、はじめて違うパターンで出題されました。
とまどったかたも多かったのでは。


でもね、この新しいパターンの問題は、
2つのテクニックで簡単に解くことができます。
動画で解説しましたのでご覧ください。
そしてこれは、神奈川、後期試験を受験されるかたも、
必ずご覧くださいね。


それではどうぞ!!!

https://youtu.be/nPOgg5usd9M


こうやって問題の振り返りしているけれど、
くれぐれも「やすむ」ということを忘れないでね。
リフレッシュしていただきたいです。



ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 20:06|Permalink

2021年04月26日

問題への疑義申立てについて(「社会的養護」問3)

こんばんは、引き続き桜子先生です。

今日は、私が令和3年前期試験において、
疑義申立てをしたことをご報告いたします。

もちろんこの申立ては私個人の見解であり、
これによって正誤が覆される可能性はわかりません。

とはいえ、解答の際に迷ってしまう問題は
受験生の不利益となると判断しましたので、
ダメもとでもいいので申立てしてみました。
申立ては2問です。
ブログを2つに分けて説明します。
今回はその2です。

<申立て2>「社会的養護」問3
問題は以下の通りです。

次の文のうち、里親制度に関する記述として、
適切な記述を○、不適切な記述を×とした場合 の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 里親の種類には、養育里親、専門里親、養子縁組里親、親族里親がある。
B 里親希望者は、その者の居住地を所管する児童相談所において登録申請をする。
C 児童相談所は、里親希望者の家庭訪問を行い、里親の適否について調査を行う。
D 児童相談所が里親の認定を行うにあたっては、認定の適否につき要保護児童対策地域協議会の意見を聴く。

(組み合わせ)   
  A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ ×    ×
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ○
5 ×    × ○ ○

こちらの正誤の根拠は以下の通りです。

A  〇 
「里親制度運営要綱」第3「里親制度の概要」
1 「里親の種類」
里親は、法第6条の4に定義されており、
里親の種類は、養育里親、専門里親、 養子縁組里親、親族里親であること。

C 〇 
「里親制度運営要綱」第4「里親の登録又は認定等」
1「里親登録又は認定等の共通事項」
児童相談所長は、申請書の提出があった場合には、
児童福祉司等を里親希望者 の家庭に派遣し、
その適否について十分な調査を行った上、
その適否を明らかに する書類を申請書に添付して、
都道府県知事に送付すること。

D ×
「里親制度運営要綱」第4「里親の登録又は認定等」
1「里親登録又は認定等の共通事項」
都道府県知事は、里親の認定を行うに当たっては、
里親希望者の申出があった 後速やかに認定の適否につき
都道府県児童福祉審議会の意見を聴くこと。

ここまでで、選択肢は1か3にしぼられます。

そこでBなのですが、ちょっと困ったことになってしまいました。

まず根拠として、ほかの選択肢と同様に、「里親制度運営要綱」を確認します。
すると以下のように記載されています。

「里親制度運営要綱」第4「里親の登録又は認定等」
1「里親登録又は認定等の共通事項」
里親となることを希望する者(以下「里親希望者」という。)は、
居住地の都道府県知事に対し、申請書を提出しなければならないこと。

また「児童福祉法施行規則」第36条の41では、以下の通り規定されています。

養育里親となることを希望する者(以下「養育里親希望者」という。)は、
その居住地の
都道府県知事に、次に掲げる事項を記載した申請書を提出しなければならない。

さらに厚生労働省の資料には、このように記載されています。
「里親制度(資料集)」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000358499.pdf
スクリーンショット 2021-04-26 215553



ここで原点にもどります。
里親制度は、「児童福祉法」第11条、第12条において、
都道府県=児童相談所の業務であることはわかっています。

したがってBは「児童相談所」で〇なのですが、
いや?都道府県知事じゃない?
と答えることもできてしまうのではないかと懸念しています。
もちろんあれですよ、
都道府県知事は児童相談所長に業務を委託しているので、
ここでは都道府県知事=児童相談所でいいのです。
でも難癖をつけることはできてしまいますよね?
字面だけみると。

その場合、1と3で、困ってしまいませんか。

事実として
都道府県=都道府県知事=児童相談所
なのはわかっていますが、
表記の問題で、児童相談所と都道府県知事で迷ってしまう可能性も
捨てきれません。

ということで、ここも一応疑義を申立ててみました。
ただここは実際の業務を請け負っているのはどこか、
という観点できた場合は当然1になると思いますので、
覆せるかどうかわかりません。




以上、2問分の疑義の申立てでした。
ほかの科目も「これいったいどう考えるの?」というものが
ありました。
ただ法律系以外の科目については、
それこそ出題者が正義ですので、
なかなか覆すことができません。
なので私が根拠をもってできそうなものということで、
まずはこの2問に照準を定めてみましたよ。


この問題の見解についても、
私の個人的なものですので、
転載、流用はしないでくださいね。




ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 22:24|Permalink

問題への疑義申立てについて(「社会福祉」問8)

こんばんは、桜子先生です。

今日は、私が令和3年前期試験において、
疑義申立てをしたことをご報告いたします。

もちろんこの申立ては私個人の見解であり、
これによって正誤が覆される可能性はわかりません。

とはいえ、解答の際に迷ってしまう問題は
受験生の不利益となると判断しましたので、
ダメもとでもいいので申立てしてみました。
申立ては2問です。
ブログを2つに分けて説明します。
今回はその1です。

<申立て1>「社会福祉」問8
こちらは動画でも怪しい、とはっきりお伝えしていましたね。
問題はこちらでした。

次のうち、障害児が利用することができる福祉サービスとして、誤っているものを一つ選びなさい。

1 放課後等デイサービス
2 居宅介護
3 同行援護
4 就労移行支援
5 短期入所



こちらの正誤の根拠としたものは、以下の通りです。
1 「児童福祉法」第6条の2の2第4項 =障害児対象のサービスである
2~5 「障害者総合支援法」の福祉サービスである


2~5については、法律には障害者・児の区別の表記がありませんので、
厚生労働省のサイトを参照としました。
それがこちらです。

スクリーンショット 2021-04-26 210746
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/service/naiyou.html

こちらによると、「4 就労移行支援」のみ、
障害児が利用できるマークがありません。


ということで、この問題は4が正解かと思えますが、
しかし違う根拠が公表されています。

WAMネット 「就労移行支援」
https://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/syogai/handbook/service/c078-p02-02-Shogai-20.html

スクリーンショット 2021-04-26 211106
こちらをよくみると、「利用料」のところに、
「18歳未満の場合は」という表記があります。



また岡山県「こどもたちの育ちや自立を支援する制度について」
https://www.pref.okayama.jp/uploaded/attachment/252220.pdf

スクリーンショット 2021-04-26 211414

こちらには、はっきり「特例」で、
15歳以上の障害児も、就労移行支援が使えることが記載されています。



以上により、
「4 就労移行支援」は障害児が利用できない、と言えないと判断します。

その場合問8には正答がなくなってしまいます。


ということで、
この問8を疑義申立ていたしました。


なおこの見解は私独自のものです。
これを転載・流用はしないでくださいね。



次にこれからもう1つブログを書きますのでご覧くださいね。




ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:19|Permalink