・子どもの食と栄養

2024年02月21日

指定野菜について

こんばんは、桜子先生です。

今日のタイムラインで指定野菜について出ていたので、
満を持してここでご説明いたします。


ちょっと前にニュースになっていましたね。
こちらです。

https://www.nhk.or.jp/takamatsu/lreport/article/001/54/

指定野菜とは何でしょうか?

農林水産省のHPによると、
指定野菜とは、消費量が多い野菜や多くなることが見込まれる野菜です。
野菜の値段を安定させて
みんながいつでも野菜を食べられるように指定しています。
 

指定野菜は、

キャベツ、きゅうり、さといも、
だいこん、トマト、なす、にんじん、ねぎ、
はくさい、ピーマン、レタス、たまねぎ、
ジャガイモ、ほうれんそう


14
品目です。


今回ブロッコリーについてニュースになりましたが、
これが正式に指定野菜に加わるのは、
2026年度、
つまり2026(令和8)年4月1日から
です。
したがってこれは当分試験の範囲外です。

ただここで「指定野菜」という単語がフューチャーされましたので、
令和6年前期試験はもう間に合わなかったかもしれませんが、
令和6年神奈川、令和6年後期あたりに、
「このうち、指定野菜でないものを選びなさい」
なーんていう問題が作られないとも限りません。

そこでこの機会に、
現時点での指定野菜を全部いえるようにしておいてくださいね🥦


この記事はブロッコリーに敬意を表して、
いつもと違うカラーにしてみました🥦🥦



<ホームページはこちら>
https://www.sakurakosensei.com/

<インスタグラムはこちら>
https://www.instagram.com/sakurakosensei.eieio


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 19:00|Permalink

2023年04月27日

【令和5年前期保育士試験】「子どもの食と栄養」

こんばんは、桜子先生です。

令和5年前期試験について、
見解を公表していない残り4科目についても、
簡単に見解を公表しますね。

今日は「子どもの食と栄養」です。



<科目難易度>★★
比較的やさしかったと思います。

<出題の傾向>
栄養素についてが、
問3問4の2問のみ、しかも基礎。

指針やガイドライン系が、
問1の「食生活指針」
問8の「授乳・離乳の支援ガイド」
問10の「楽しく食べる子どもに
~食からはじまる健やかガイド~」
問12の「妊娠前からはじめる妊産婦のための食生活指針」
問18の「児童福祉施設における食事の提供ガイド」
の5問でした。
問18は結構前に出たことがある図ですね。
ここでの出題も、ごくごく基本的な内容でした。

調査系が、
問2の「平成27年度乳幼児栄養調査」
問9も同じ、
問11の「学校保健統計調査」などでした。
問11がもしかしたら解けなかったかもしれません。

他に
問5の3色食品群の分類
問6の「日本人の食事摂取基準」
問7の牛乳と母乳の成分
問13の「第4次食育推進基本計画」
問14の郷土料理
問15の「保育所保育指針」
問16の食中毒
問17の「食品による子どもの窒息・誤嚥事故に注意!」
問19の食物アレルギー
問20の授乳及び調乳
という出題でした。

このブロックでは、
数問わからないのがあったかもしれませんが、
どれも深くはきかれず、
問5、16、17は過去問でも出ていて、
しっかり学習をされていれば、
そんなに落とさなかったかな、という印象でした。


<この科目の攻略>
最近の栄養はまったく難しくありません。
昔は非常にやっかいな科目でしたが、
今は初受験で合格しやすい科目になっています。
もし今回これを落としたかたは、
おさえるべき勉強がもしかして甘かったかなと思います。
それこそテキストの内容が6割は出ているので、
まずテキストをしっかり学習し、
その上でプラスアルファを習得していけば、
確実に合格できますよ。
特にガイドライン、指針、栄養素は確実にね。



ということで、「子どもの食と栄養」でした。
後期試験から初受験のかた、
この科目は初回でとりにいきましょう。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ





hoikushshisakurako at 21:45|Permalink

2022年12月26日

冬休みの学習について③「子どもの食と栄養」

引き続き、「子どもの食と栄養」。


この科目、私は以前とても苦手意識が強かったです。
でも出題の法則に気づいてからは、
とても楽に得点できるようになりました。


出題の要素は以下。
①栄養素(糖質、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミン)
②ガイドライン、指針
③調査(国民健康栄養調査、乳幼児栄養調査)
④日本の食生活



ここをおさえれば6割は固い。


ただ、とにかく栄養が苦手なかたは、
特訓コースをお勧めします。
上記を網羅していますよ。

https://hoikushisakurako.stores.jp/items/5f11bde474b4e44b3cd64dce


総括的なwebテストがあります。

これでもか「子どもの食と栄養」



また、お時間があるお休みのときに、
このサイトに目を通しておきましょう。

https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/index.html

ここから出題されています。
そうじゃなくても読んでて楽しいです。


これはコラム的なサムシング。
お時間あれば。
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/pdf/guide_all.pdf


これはちょっと読みづらいかな。
耐えられるかた向け。

https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaishoku_shokubunka/attach/pdf/index-243.pdf


「子どもの食と栄養」が合格できないかたは、
王道の知識が抜けているだけです。
全然怖くないよ!


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 18:38|Permalink