・社会的養護

2022年03月19日

令和3年神奈川「社会的養護」解説

こんにちは、桜子先生です。

神奈川の令和3年「社会的養護」の問題と解説を公開します。
活用してくださいね。
紙で解く練習をしましょう。



*これは昨年8月に限定公開していたものです。


<問題>
https://www.pref.kanagawa.jp/documents/78020/r3_03_syakaitekiyougo.pdf


<解説>
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2021%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D/2021kanagawa_shakaitekiyougo.pdf




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ






hoikushshisakurako at 16:51|Permalink

2021年11月02日

<令和3年後期>「社会的養護」講評

こんばんは、桜子先生です。

令和3年後期試験の問題講評をお届けします。
今回は「社会的養護」です。


この講評シリーズは、
単なる問題の解説ではなく、
*科目の問題構成の説明
*出題分野の分類
*その上で、正解するためのポイントと学習方法

をお伝えしています。

特に不合格だったかたにご覧いただきたいものです。


なお動画は、
2021年10月25日18時現在の予想解答をもとに作成しています。
今後正答発表を踏まえ、
解答が異なる可能性もあることをご承知おきください。


それではどうぞご覧ください!!

27分ものです。
https://youtu.be/natMMzK5S2Q


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 17:34|Permalink

2021年10月23日

明日の社会的養護受験者へ

hoikushshisakurako at 19:18|Permalink

2021年10月14日

<社会的養護>福祉行政報告例

こんばんは、桜子です。

ご質問をいただいていたものの1つ、
「福祉行政報告例」について。


これは何かといいますと、
厚労省が公表している、
わが国のさまざまな福祉分野についての報告です。

保育士試験に関わるものとしては、
このうち、
児童虐待に関するデータがあります。

特に、
児童相談所が受ける児童虐待相談、
市町村が受ける児童虐待相談、
についてのあれやこれやが試験に出ていますね。


皆さんがこの調査を調べにいくとき、
多分以下のサイトにはたどり着けると思うのですが、
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/gyousei/19/dl/kekka_gaiyo.pdf


この調査は実はもっと細かい結果があり、
e-Statというところで公開されています。

https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&toukei=00450046&tstat=000001034573

たとえば市町村関係の結果は、
ここに行かないと確認することができません。

しかしこのe-Statは結構クセモノで、
どれをどんなふうに確認すればいいのか、
なかなか難しいのではないでしょうか。

ということで、
チャチャっとまとめてみました。


この調査が出題されるとしたら、
筆頭は「社会的養護」ですが、
「子ども家庭福祉」「社会福祉」だって可能性があります。

たとえば平成30年前期の子ども家庭福祉には、
私がまとめた表のうち、
市町村における保育所が受けた虐待相談の種別が出題されました。

https://www.hoyokyo.or.jp/files/30AP4-1.pdf

こんなのも、
このまとめ表で対応できるはずです。

児童相談所と市町村で、
結果の順位が違うところなんかは、
気を付けて確認しておいてね。



それではPDFをどうぞ。
皆さんが受験される試験での最新は、
この令和元年度です。

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2021%E5%BE%8C%E6%9C%9F/2021%E5%BE%8C%E6%9C%9F%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E9%A4%8A%E8%AD%B7/fukushigyouseihoukokurei_2021kouki.pdf


あとちょっとだよ。
ここは落ち着いていこうね。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 19:54|Permalink

2021年10月01日

質問にお答えします(ブログコメント)

こんばんは、桜子先生です。

先日問題集掲載の模擬試験について、
問題の解説をしますよ、というリクエストを募集しましたが、
ここまでにいただいた内容を拝見すると、
動画をお見せする以前の段階のもののようですので、
こちらで活字で回答することにします。

<質問>「社会的養護」問4

次の文は、わが国の児童虐待に関する記述である。適切な記述を〇、不適切な記述を×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

 

A 全国の児童相談所における児童虐待に関する相談件数は、児童虐待防止法施行前の平成11年度に比べ、平成29年度には約5倍に増加している。

B 全国の市町村における平成30年の児童虐待に関する相談件数の相談種別では、「保護の怠慢・拒否(ネグレクト)」の方が「身体的虐待」より多い。

・・・・以下略


このうち、Bについてご質問を2件いただいています。
その内容はどちらも同じ趣旨で、
「児童虐待に関する相談は、児童相談所が受けるものは知ってるけれど
Bの市町村が受ける相談って何?」

というものです。


このBの根拠は、
厚生労働省調査「福祉行政報告例」です。


この調査は、厚労省が公開している結果の概要だと、
「児童相談所が受ける児童虐待相談件数」
だけしかわかりません。
でもこの調査には、もっと細かい統計表があり、
そこまで見に行かなくてはならないデータもあります。



今回の問題として取り上げた
「市町村が受ける児童虐待相談件数」
についても、統計表から確認することができます。
この部分は、試験でもたまにきかれるので、
いい機会なのでここでしっかり確認してくださいね。

ちなみに、令和元年(結果は平成30年)の
児童相談所が受ける児童虐待相談は193,780件、
そのうち虐待の種別だと
第1位:心理的虐待
第2位:身体的虐待
第3位:保護の怠慢・拒否(ネグレクト)

の順になっています。

そして
市町村が受ける児童虐待相談は148,406件、
そのうち虐待の種別だと
第1位:心理的虐待
第2位:
保護の怠慢・拒否(ネグレクト)

第3位:身体的虐待
の順になっています。


比べてみるとお分かりの通り、
第2位と第3位の種別が逆転しています。
ここが注意です。



また試験ではこれ以外にも、
市町村における児童虐待相談の経路別で、
どこから相談が持ち込まれたか、なんてのも出たことがあります。
それによると、
第1位:児童相談所
これはこの通りですが、以下は
第2位:学校
第3位:市町村保健センター

の順です。
これは学校や保健センターで職員が虐待に気づき、
相談を持ち込むからでしょうかね。
このあたりも押さえておくといいですね。



ということで、
調査というのは、概要で確認できるものだけではなく、
詳細調査結果もあるということを
この機会に覚えておいてください。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:29|Permalink