社会的養護

2020年12月29日

<桜子eラーニング>社会的養護「社会的養育の推進に向けて」平成31年4月版

こんばんは、桜子先生です。

今日お仕事納めたかたは?
お疲れ様でした!!!


私はというと、
朝から雑巾がけをして、ほとほと疲れました。
その後はダラダラと非効率な仕事のしかたをしてしまい、反省・・・
皆さんはどんな1日でしたか。



さて、今日の動画は、
後期試験桜組特別講義として公開していたものです。
「社会的養護」でよく出題される、
厚生労働省資料「社会的養育の推進に向けて」平成31年4月版
特に大事な部分をピックアップして取り上げました。

先日の後期試験は、
この資料の平成31年1月版からの出題でしたね。
同じ令和2年8月に実施された神奈川試験では、
ちゃんと平成31年4月版からの出題でしたよ。
後期試験はきっと、
前期試験用に作っていた問題を使いまわしたのねー。
前期試験のときの基準日だと、平成31年1月版だったから。

平成31年1月版と4月版、ほとんど差異はないのですが、
実はある部分は違っています。
なので来年4月の前期試験を受験される皆さんは、
必ず平成31年4月版で勉強してくださいね。



厚労省のこの資料は、数か月に1回更新されます。
そのたびごとにちゃんと保存しておかないと、
前の資料は消されてしまうので、
指導サイドは、ちょっと神経をつかう資料ではあります。
とはいえ平成23年ごろからの資料は全部保存してありますので、
経年を問う問題が出ても大丈夫なんですけどね。
そこは同業者さんはみんな同じように気を付けていらっしゃるはずです。
こういう厚労省のだけでなく、
官報をくまなく見て、メインじゃない法律名の改正に、
ひそかに保育士試験に関する改正が紛れていないかをチェックするのも
毎日のルーティンです。
毎日、ブックマークしている10以上のページを訪問します。
そうしてはじめて、基準日にあわせた指導ができるのです。
内情を話すと、結構大変でしょ?



ということで、動画はこちら。
https://youtu.be/dtW4ZmHdMGQ



そして念のため、平成31年4月版については、
PDF倉庫に格納されていますが、ここでも再掲しておきますね。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2020%E5%BE%8C%E6%9C%9F/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84y%E9%A4%8A%E8%AD%B72020%E5%BE%8C%E6%9C%9F/6-4.heisei31.4.pdf

年末年始のお時間があるときに、
ぜひゆっくりご覧くださいね。



ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 20:41|Permalink

2020年12月26日

<桜子eラーニング>桜子スクール「児童養護施設入所児童等調査」

こんにちは、桜子先生です。

クリスマスの2日間を終え、一気に年末感が漂ってきましたが、
クリスマス休暇(桜子暦)が終わりましたので、
また勉強を再開いたしますよ~。


今日の桜子eラーニングは、桜子スクールで公開していた動画です。
「社会的養護」で出題される、
「児童養護施設入所児童等調査」です。


この調査は、5年に1度厚労省が統計を出しているもので、
社会的養護関係施設、里親、自立援助ホームなどに焦点をあて、
さまざまな項目をとりまとめています。

保育士試験の学習において、こういうデータの問題は、
「数値を覚える」
というところに特化してしまいがちですが、
この調査はそれではだめです。
実はこの調査の数値の結果から、
施設の特徴、入所児童の特徴が見えてきます。
それをつかんでいただきたいのです。

動画はちょっと長く30分ものです。
この年末年始にじっくりご覧いただきたいので、これを選びました。
動画では、調査項目の意味、そこに現れる数値の意味、
どの数値をどんな目的でどのように覚えておかなければいけないか、
について説明しています。
調査から施設の特徴が明らかになりますので、
「社会的養護」に苦手意識があるかたは、必ずご覧ください。
また、私が年末年始に作成予定の「社会的養護」特訓コースのご購入について
ご検討いただいているかたも、この動画で予習しておいていただくとよいですよ。

https://youtu.be/8WZg7hSCSOc

「社会的養護」の合格のための1つの要素として、
社会的養護関係施設の特徴をつかむ、というものが挙げられます。
その要素を習得するのに最適なのがこの調査です。

桜子スクール公開時にご覧になっていたかたで、
「社会的養護」を残念ながら落とされたかたは、
再度そのような視点で動画を視聴くださいね。


またこの動画は、PDF倉庫に格納されているPDFをお手元にご用意ください。
<PDF6-3> *2021年前期用に再編集しました
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2021%E5%89%8D%E6%9C%9F/jidouyougoshisetsuichousa2021zenki.pdf



スクリーンショット 2020-12-19 211531



 

ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 17:15|Permalink

2020年12月23日

これから作る社会的養護特訓コースについて

こんにちは、桜子先生です。

今日は去年までは天皇誕生日で、お休みでしたね。
なんだか変な感じがします。
とはいえ今日は本業も終わり、今から桜子に変身します。


ところで、この年末年始を使い、
有償教材である「社会的養護特訓コース」を作るつもりです。
ここまで特訓コースは、
社会福祉、保育の心理学、子どもの食と栄養、の3つのコースをご用意してきました。
第4弾が社会的養護です。


ここまでの10年ほどの出題をみていて、
明確にニコイチはやさしくなっていると思います。
もちろん神奈川試験のように、
「これどこから作問したの!?」というような出題はあるものの、
本試験の方は、かなりシンプルな作問である印象です。


でもそれでも社会的養護を落とすのには、
理由があると考えています。
それは、「ただ問題だけを解いている」からではないでしょうか。

たとえばテキストなどで一通り勉強し、
過去問やネットの海に流れる問題などに取り組んで、
そこで正解できていたとしても、
実際の試験では、25点で落としてしまう。
こういうケースが多い気がします。

それは思うに、
目先の問題の正誤は判断して、間違っていたら正解を確認していても、
全体的な仕組みがちゃんと理解できていないので、
違う切り口から出されるとわからなくなってしまうのでは。


そこで、これから作る社会的養護特訓コースは、
以下の構成にしようと考えています。

1.講義
社会的養護の出題をいくつかの項目に分け、
理解を深める必要がある部分を取り上げて、講義をします。
例を挙げるとすると、
社会的養護関係施設には、それぞれ運営指針がありますが、
これを単に語句の正誤だけ確認しているのではだめなのです。
その施設の特徴、入所児童の性質、職員の役割、
施設の現状と方向性、
それらを理解して、はじめて運営指針を読み解いていくことができます。
ここについて、まずは講義でそれらについて、
理解していただけるように講義します。
また、里親制度や親権など、皆さんが弱そうな部分も
力をいれて解説します。


2.一問一答
講義を受けて、そのうえで、一問一答で知識を定着していきます。
この一問一答は、最近のスタイルで
①問題
②正誤の解説
③正しく暗記する編のシート

の3パターンをご用意します。


有償教材は本来PDFとして販売するものですが、
これまで販売した特訓コースでも、
色々なサービスを追加していましたので、
それの拡大版として今回はがんばってみようと思います。
なのでものすごく力が入ってはいますが、講義はおまけです。


ニコイチは、油断するとニコイチスパイラルにはいってしまう、
恐ろしい科目です。
最近のニコイチは、特に教育原理はそれほどでもないので、
福祉系の一端を担う社会的養護を補強することにしました。



これから2週間ほどかけて作成し、
1月中には販売を開始します。
社会的養護に困っているかたは、ご検討くださいね。
お値段は、動画のサービスがついていても、
これまでと同様1500円程度を予定しています。



ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 16:31|Permalink

2020年10月29日

令和2年後期筆記試験問題解説シリーズ①「社会的養護」

こんばんは。桜子先生です。

今日から「前期試験桜組2021」というカテゴリを作りました。
このカテゴリでは、来年の前期試験対策の内容をお届けします。


さてさっそくですが、
先日終わったばかりの筆記試験について、
ここは要注意だよ、という問題をとりあげて解説をしていきます。
何回かシリーズにしていきますね。
また皆さんからの解説リクエストもお受けします。
この記事のコメント欄を開放していますので、
ご希望の問題がありましたらコメントにお残しください。
ただ現在まだ正答が出ていませんので、
それをご了承くださいね。


さて、今日のテーマは「法改正」。
この後期試験では、色々出されるべき法改正があったのですが、
蓋をあけてみればあんまりでなかったな、という印象です。
そんななかでも「社会的養護」問9をご紹介します。


問9 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。
【事例】
児童養護施設に勤務するJ保育士(25 歳、男性)は、実父からの激しい身体的虐待が原因で
入所 したK君(17 歳、男児)を担当している。
ある日、職員不在の場面でK君が同じ施設に入所している 同室のL君(16 歳、男児)の
携帯電話を無理矢理に取り上げ、使い始めた。
取り返そうとしたL君 に対して押し倒し、3回蹴飛ばした。
L君は悲痛な表情でJ保育士に事情を伝えに来た。
すぐにJ保 育士はK君とK君の自室で2人で話をすることにした。
J保育士の注意に対してK君は悪びれる様子 もなく、
「あいつ、うざいんだよ。職員に言いつけやがって。今度殺してやる。」と話した。
日頃から 他児に対して暴力を振るうことが多かったK君に対して
J保育士は腹を立て、K君の胸ぐらをつか み、
「自分がしていることを分かっているのか。反省しろ。」と怒鳴った。
その後、罰としてK君にそ の日の夕食を与えないこととした。


【設問】
J保育士のこの対応の説明として、適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 「民法」により親権者の懲戒権は認められており、
  時には子どもの行動を正すために、胸ぐらを つかみ、怒鳴ったり、
  食事を与えない程度であればしつけとして認められている。

B K君の行動は実父からの虐待が要因として考えられるため、
  J保育士のこうした対応は暴力を肯 定することにつながるとともに、
  フラッシュバックを生じさせる可能性がある。
C K君の行動は実父からの虐待が要因として考えられるため、
  J保育士はK君の暴力を肯定するべ きであった。
D J保育士のこの対応は、被措置児童等虐待にあたる可能性があるため、
  K君を含めこの状況を発 見した者は児童相談所等に通告することとされている。


これの正しい選択肢はBとDですね。
読めばなんとなく正解がわかります。
ただこの問題で注目すべきは、選択肢Aです。

Aを読むと、J保育士の行動は懲戒からは外れているのでアウト、
だから✖、と判断してしまいがちです。
でもこの選択肢は、そこが意図ではありません。

こここそまさに法改正の範囲でした。
2020年4月1日施行の「児童虐待防止法」「児童福祉法」の改正です。

「児童虐待防止法」第14条第1項
児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、体罰を加えることその他民法第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲を超える行為により当該児童を懲戒してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない。


「児童福祉法」第47条第3項
児童福祉施設の長、その住居において養育を行う第6条の3第8項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は、入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。ただし、体罰を加えることはできない。


選択肢Aは、この2つの法改正が理解できているのかを問うものでした。
つまりJ保育士の懲戒を超えた暴力だから✖なのではなく、
親権者の懲戒権を理解し、
その上でここの法改正のポイントである
児童のしつけに際して、体罰を加えることなどの必要な範囲を超える行為で
児童を懲戒してはならない
」を押さえておかなければいけませんでした。


さらにこの選択肢Aは、実は色々な要素がつまっています。
まずAでは親権者の懲戒権について示しています。
これはもちろんその通りなのですが、
児童養護施設における児童の親権と懲戒権は誰がもっているのか?を
考える必要があります。
児童養護施設の児童は、
①親が親権をもっている=親権者は親
②親が親権をもっていない=親権者は施設長
の2種類の状態です。
そして親権者には懲戒権がありますが、
児童養護施設において親権がある児童に対する懲戒は、
「児童福祉法」により、施設長も行えることになっています。


選択肢Aを一般的な話と解釈することもできますが、
もしこの事例に沿って解答するとしたら。
選択肢Aでは施設長は出てきておらず、
J保育士が主役だと思うのですが、
施設の職員には懲戒権はありません。
ここでおかしい、と思ってほしいです。
したがってJ保育士について、懲戒権がどうこう、というのは間違っています。



以上、いかがでしたか?
この選択肢は、法改正がポイントだ、って気づけてたら嬉しいです。



さて今後も、こんなふうに、
単なる解説ではなく、どういうところが根拠で、
何を注意しなければいけなかったのか、をテーマに
問題を抜粋して解説していきます。
皆さんが解説してほしい問題がありましたら、
コメント欄からお知らせください。


ところで今回の試験では、
私は1問だけセンターに疑義申立てをしています。
ある程度ばれちゃうから先に言いますけど、
「子ども家庭福祉」の問5です。
月曜に解いたときに、すぐおかしいと思いました。
ここを覆せるかどうかわかりませんが、
がっつり根拠を書いて送っていますので、
去年「社会福祉」を1問覆せたように、
今回もなんとかなればいいなと思っています。





実験でブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 22:03|PermalinkComments(4)

2020年10月15日

<後期試験桜組>最後の念押し一問一答「社会的養護」

おはようございます、桜子先生です。

念押し一問一答、「社会的養護」お待たせしました。
一問一答系は、これが最後です。

それでは次のページからどうぞ!続きを読む

hoikushshisakurako at 07:32|Permalink