・社会福祉

2022年10月27日

令和4年後期の振り返り(社会福祉)

こんばんは、桜子先生です。

昨日の「保育の心理学」に続き、
令和4年後期の振り返りとして、
今日は「社会福祉」を確認してみましょう。



実はとてもシンプルな出題でした。
問17のようなものもありましたが、
たとえば皆さんを悩ませる社会福祉援助技術は、
変なアプローチや、わけのわからない人物はまったく出ず、
また権利擁護についても簡単な「社会福祉法」に基づくレベルで、
ガイドラインや指針にまで踏み込んでいませんでした。

さらに社会保障制度については、問3でちょっと触れたぐらいで、
年金も労働保険もなーんにも来ませんでしたね。

私の個人的な所感ではありますが、
解きやすかったです。
それはつまり、
「これどこから来たの!?」という、
根拠がわからない問題がなかったからです。



ではここで、問17について触れておきます。

これは、よろしくない問題だとテキスト執筆者としては思います。
解答自体は、深く考えなければ、
AとDで、もう4を選べてしまいます。
でも、このCが、執筆者にとっては、
「どーすんのこれ?」という文章でした。

というのは、多分皆さんがお持ちのテキストもそうだと思うのですが、

①成年後見制度は、「民法」に基づく制度である
②成年後見制度は、法定後見制度と任意後見制度がある

という書き方になっているからです。
これは全社協もそうですし、私の本業のテキストもそうです。

これだけみると、分類された2つの制度は、
両方とも「民法」が根拠法だと思います。

でも実際は、1999年の「民法」改正の際、
特別法が発令され、
任意後見制度はその法律を根拠法とすることになりました。
つまり、2つの制度は、違う根拠法です。

しかし任意後見制度は、
民法の特別法(「任意後見契約に関する法律」)に基づくものであり、
広義の成年後見制度には任意後見を含むともされています。


この経緯は、保育士試験の学習の中には、
どこにも出てきていないのではないでしょうか。

もちろん試験には想定外のものも出題されますが、
これを通してしまうと、
テキストの表記が成立しなくなりますね。
そういう点で、執筆者として非常に悩みましたし、
4が正答だろうということはわかっていますが、
いまだにすっきりしてはいません。
まあこれは執筆者サイドの事情ではありますので、
あまり難癖をつけるのはよくないのは理解しています。



とはいえこの問17を捨てたとしても、
6割はいける問題だったと考えています。
よく「令和4年前期以前・以後」という言い方をしますが、
今回も明らかに「令和4年前期以後」の問題でした。

つまりこれからもこの傾向であるのであれば、
「社会福祉」には難問奇問はあまり出題されず、
とにかくトライアングルのような基本をしっかりかためる学習が、
合格への近道なのかなと思いました。


今回この科目が不合格だったかたは、
つらい作業だとは思いますが、
試験センターが正答を公表したら、
私と一緒に問題文を素読し、
ここが正誤のポイントだった、
これを落とすのはこの知識が足りなかったからだ、
という集いに参加してほしいです。
社会福祉はね、怖い科目じゃないです。
合格への道筋は見えていますので、
それに則っていくだけです。


以上、「社会福祉」について見解をお伝えしました。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 23:21|Permalink

2022年10月10日

令和4年神奈川「社会福祉」問17~問20

こんにちは、桜子先生です。

正解への道筋シリーズ、
今日はラスト回、
問17~問20です。

この4問は、捨て問傾向が強いものです。
どれを捨てるか、
どれを試行錯誤して解いていくか、
を説明しています。

それではどうぞ!!!




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 09:35|Permalink

2022年10月04日

2019年国民生活基礎調査の疑問

こんばんは、桜子先生です。

トライアングル生のあいだで、
「2019年国民生活基礎調査」のある部分が理解できない、
とお申し出がありました。

ここはもしかしたら全体に念押しした方がいいかな、
と思いましたので、共有します。

でもこの件については、
過去にもすでに説明しています。


「2019年国民生活基礎調査」において、
「65歳以上の者のいる世帯」と「高齢者世帯」の区別がついていない。
ここですね。


ここは言葉の意味を考えましょう。

「65歳以上の者のいる世帯」
その名の通り、世帯に1人でも65歳以上の者がいる世帯です。
たとえば、
*夫婦とも65歳
*夫が68歳、妻が56歳
*おじいちゃんが80歳、息子が50歳(8050問題だね!)
*おばあちゃんが70歳、息子夫婦が50代、孫が10代
みたいな構成です。


「高齢者世帯」
こちらについては、きちんと調査に定義がありまして、
「65 歳以上の者のみで構成するか、
又はこれに 18 歳未満の未婚の者が加わった世帯をいう。」
と決められています。
つまりその世帯には、
*65歳以上の者しかいない
*65歳以上の者+18歳未満の児童

の2種類しかありません。



これをふまえて・・・

ここで「わからない」とひっかかっているかたは、

65 歳以上の者のいる世帯は
2558 万 4 千世帯(全世帯の 49.4%)となっている。
世帯構造をみると、
「夫婦のみの世帯」が 827 万世帯(65 歳以上の者のいる世帯の 32.3%)で
最も多い。


65 歳以上の者のいる世帯のうち、
高齢者世帯の世帯構造をみると、
「単独世帯」が 736 万 9 千世帯(高齢者世帯の 49.5%)、
「夫婦のみの世帯」が 693 万 8 千世帯(同 46.6%) となっている。


ここが混乱しているようです。

「どうして65歳以上の者のいる世帯の一番は夫婦のみの世帯なのに、
65歳以上の者のいる世帯で高齢者世帯の一番は単独世帯なの!?」



これはそんなに難しい話ではなく、
65歳以上の者のいる世帯は、
65歳以上じゃないひともいる可能性がありますが、
高齢者世帯は、65歳以上「のみ」か、18歳未満の児童しかいません。
そこが区別できていないんじゃないかな?


以上の説明でいかがでしょうか。

よろしければこちらをどうぞ!







よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 22:15|Permalink

2022年09月26日

令和4年神奈川「社会福祉」問13~問16

こんばんは、桜子先生です。

正解への道筋シリーズ、
今日は問13~問16です。


今回の動画では、
年号の並べ替え問題の際、
正解にたどり着きやすいテクニックを
お話ししています。

それではどうぞ!!!



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 19:09|Permalink

2022年09月25日

<webテスト>これでもか「定義」

こんにちは、桜子先生です。

新しいwebテストを作成いたしました。

タイトルは
これでもか「定義」。

福祉系の科目に頻出のテーマです。
繰り返し解いて、確実なものにしてくださいね。

全部で47問、シャッフルしています。


それではどうぞ!!

これでもか「定義」


よろしければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ









hoikushshisakurako at 13:51|Permalink