・保育士試験学習アドバイス

2023年01月28日

子育て中のかたへ

こんばんは、桜子先生です。

今朝あるニュースをみて、
「ハア?」と声が出てしまった件がありました。
これですね。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000285148.html


ここにいると、向学心に溢れたかたばかりで、
育休中に勉強されているかたもいらっしゃるので、
産休・育休中だって勉強OK!と思いがちですが、
私はそうは思わないのです。


私事になりますが、
私は子どもが乳児から幼児の頃、
一番の願いは
「ひとりになりたい」
でした。
自分の都合では動けない。
予定なんてたてられない。
1時間でいいからひとりになって、
〇〇のママ、ではなく、
「わたし」になりたかった。


いま、チームには、
小さいお子様を育てながらも、
試験に向けて頑張ってるかたがいらっしゃいますね。
お仕事が忙しくて時間がとれない、というかたも多いですが、
子育て中と仕事が忙しくて、というケースの大きな違いは
先に書いたように、
「自分の都合で動けない」
ことです。

1日のほとんどを子どもに振り回されて、
なんとか隙間時間をみつけて勉強する。
それがどんなに大変なことか、私にはわかります。


だから、
勉強がはかどらない、というかたには、
「そりゃそうだよね。ならどうしたらいいか?」
を念頭に置いて指導したいと考えています。
隙間時間にできるwebテスト、
家事をしながら聴き流せる動画、
運よく机に向かえたら使えるような効率のよいPDF。
それらを使って、
ご自身の無理のないように、学習していただきたいです。


勉強できないことを引け目に思わないでください。
限られた時間のなかで、
できることをしようね。

保育士試験は3年間合格が有効です。
「一発合格したい」という気持ちは、
自分自身を苦しめる呪文です。
業務上どうしても早く資格が必要な場合以外であれば、
1年や2年かけて合格したっていいのですよ。
合格までにどれくらい時間がかかっても、
合格にはかわりありません。
自分の時間がない中での合格は、
とてもとても尊い。



チームには色々な状況のかたがいらっしゃいますね。
今回とりあげた、子育て中のかた。
小さいお子さんがいなくても、仕事がハードなかた。
体調が悪くて、なかなかスムーズに生活できないかた。
それでもみんな、ここにいます。
このブログを読んでくれています。

大人になってからの国家試験は、
いわば「余計なこと」です。
最悪、資格取得しなくたっていいのだから。

でもみんなは、ここにいる。
私はそのみんなを、とても誇らしく思います。
私のスキルで、合格まで連れていきたい。
それが私の使命であり、強い願いです。



産休・育休は、やすみなんかじゃない。
ここにいるかたたちは、
育休制度のことや、育休取得率なんかの知識もあるでしょう。
そしてもちろん、リカレント教育の知識もある。
なにか変だ、おかしい、と思ったとき、
自分のことばで語れるひとになっているはずです。
それが、皆さんがまとっている「知識の鎧」です。
知識の鎧は、身につけるまでが努力が必要だけれど、
一度身につけた鎧は脱げません。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 19:30|Permalink

2023年01月08日

令和5年前期で「子ども家庭福祉」は合格しておきたい

こんにちは、桜子先生です。
いまは連休中のかたも多いでしょうか?
明日、お子様が成人式のかたもいらっしゃいますか。


さて私はといいますと、
この連休を使い、テキストの改訂作業を行っています。
具体的に何をするかといいますと、
「令和4年4月1日」の基準日となっている内容を、
「令和5年4月1日」の基準日の内容に更新するのです。


新しい基準日は、試験でいうと
*令和5年神奈川
*令和5年後期
*令和6年前期
の内容になります。


現在の指導は「令和4年4月1日」の基準日に基づいているので、
未来の作業になります。
つまり、令和5年前期試験には「出ない」内容なので、
Twitterやブログなどでは、
決してその内容に触れないようにしてはいるのですが、
ここで皆さんに警告しておきます。



もしあなたが
「子ども家庭福祉」を残していたり、
または今度の試験が初受験であるのなら、
令和5年前期で、
なんとしても「子ども家庭福祉」は合格しておきましょう。


というのは、
ここから2年の基準日の変化のあいだに、
「子ども家庭福祉」の出題範囲は、
とんでもなくめんどくさいことになるからです。


これは先の話なので、聞き流していただきたいのですが、
令和5年4月1日の基準日では、
「こども基本法」の施行により、
この法律の目的、定義、施行される施策など、
確認しなくてはならないことがたくさん出てきます。
また同日に「児童福祉施設の設備及び運営に関する規準」の改定もあります。
こちらもややめんどくさいことが起こっています。


もちろん保育士の知識として、
将来的に入れておかなければならない、必要な知識です。
でも試験勉強として、これらをさらに勉強したくないです。


もっというと、
令和6年4月1日には、大々的な「児童福祉法」の改正が待っています。

ということは、
やっぱり令和5年前期で、「子ども家庭福祉」は合格しておきたいです。
これに付随して、
「保育原理」、「社会的養護」
そして「子どもの保健」もです。
(「子どもの保健」は、多分上記「基準」の改正が影響あります)



どの科目も今度の試験で合格しておきたいですが、
特に「子ども家庭福祉」ですよー!!!


いまハートコースがメインで進行していますが、
「子ども家庭福祉」を落とさせないために、
なにかコンテンツを考えますね。
(トライアングル生は、提供するものをそのままこなしていれば、
何も心配いりません。)



最近の流れをみていると、
どうしてもまだ本腰が入っていないような感じがしますが、
該当のかたは特に、気合いを入れましょう。
あとが楽になるためですからね!!


それでは引き続き、一緒にがんばりましょう🌸



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 17:50|Permalink

2022年12月05日

<実技試験桜組>当日の持ち物チェックリスト

桜子先生です。

実技試験のときに必要な持ち物をリストアップしました。
ほかのサイトなどでは提案しないものも書いていますので、
必ず確認してください。

チェックリストになっていますので、
印刷し、よく見るところに貼っておくことをお勧めします!!!


それでは次の画面からどうぞ。





よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ続きを読む

hoikushshisakurako at 06:00|Permalink

2022年11月29日

合格は順番

こんばんは、桜子です。

今日あたりから、
本格的に試験の結果が届いているようですね。

タイムラインにもたくさんのご報告があふれています。


ここで毎回繰り返されることですが、
改めてお伝えいたしますと、

合格は順番です。


だれでも、チーム桜子で、
諦めなければ、
いつかは必ず、その順番がめぐってきます。

そこに至るまで、
短い期間のかたも、
何年もかかってしまうかたもいます。


でも必ず順番がめぐってくるものです。

なので、合格されたかたは、
どうぞ遠慮なく喜んでください。


今回涙をのんだかたは、
この状況をみているのがつらいのであれば、
12月12日まで、離れましょう。
私は大事なことは、ブログでしか言いません。
なので、
Twitterで何かを見逃すことはまずありません。



どなたも、それぞれ、
ひとに敬意をもって、
でも自分の心に正直になってくださいね。


合格されたかた、
おめでとうございます。
このあとの実技試験も、がんばろうね。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 22:22|Permalink

2022年11月28日

合格するということ(要領とは)

引き続き、桜子です。

今日はいろいろな嵐が渦巻いています。
タイムラインを拝見していて、
皆様のお心を推し量っています。


そのなかでも、今日の合格を受けて、
「一発合格は神なのか」
「要領よく勉強するのが神なのか」
ということをテーマにお話しいたします。


皆さんが受験しているのは、
資格試験ですね。
であれば、
なるべく早く、
資格を取得するに越したことはありません。

資格に対する勉強は、
全員同じ内容を学習するわけですが、
それには個人によって、
得意不得意はあるでしょう。
各自の能力の差によって、
テキストを読めばすんなり問題が解けるひとと、
いくら読んでも理解できないひとがいると思います。


要領よく学習できるひとは、
あっさり合格されていくことでしょう。
それは、試験勉強のコツが、
自ずとわかっているからですね。
そういうかたたちが、
「一夜漬けで合格した」
「数か月の勉強で一発合格した」
などとおっしゃって、
それを目にしたかたが、
不穏な気持ちになったりしますね。


私もどちらかというと要領がよいタイプで、
持ち前の国語力で、
数か月の勉強で保育士試験を一発合格しました。
それはそれで、もちろん努力しましたし、
必死で勉強したけれど、
外からみたら
「一発合格だからね」(気持ちはわからないよね)
といわれる方のひとです。



ただ自身が保育士試験の講師になって、
どちらかというと学習に混乱されているかたたちと、
こうやって勉強することになって、
たくさんの気づきがあります。


理解しづらいからこそ、
ただの暗記ではなく、
具体的に考えながら、
関連づけて説明しながら、
ともに学んでいきます。
それによって、
私自身は、
要領よく勉強していたときにはわからなかった、
学びの深さに、胸が震えています。

今、ともに学ぶことによって、
知ることは、
理解することは、
なんて楽しいのだろう、
なんて自分の抽斗を増やしてくれるのだろう、
という新鮮な驚きを得ています。
知識の鎧を身につけた自分のことが、好きです。

そして、
同じように、
少しずつだけれど、
理解が深まって、
「ああ、暗記じゃないんですね!」という
気づきを得たかたたちの、
その明るい顔が、
まるでヘレンケラーの「water!!」のようで、
そばに寄り添っている私まで、
光に照らされるような心持がします。


要領よく学習して、
あっさり合格するのもよい。
すぐに合格できたのは本当にすごい。
見えないところで努力されているはず。


でも、苦労して苦労して、
何度も不合格になりながら、
必死に理解しようとがんばって、
ここにきて、
私と一緒に、
抽斗をいっぱいにする。
それだって、とてもとても素敵じゃないですか?


どちらだっていいと思う。
資格試験という意味では、
長くかかるのはよろしくないかもしれない。
でもその分、
こうやって深く学ぶでしょう。
その知識の鎧は、
試験に合格したって、脱げないのですよ。



だから、
またいつものセリフをいいますが、
ひとはひと、自分は自分。
ご自身がどちらでもいいのです。
資格試験なら、要領よく、
あっさり合格するのが神でしょう。
でもひととして、
知識を深めて鎧を纏うのなら、
ゆっくり学習するのだって、神だよ。
どっちだっていいんだよ。
私はそう思います。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 19:55|Permalink