<質問大会その1>ご質問を募集します<実技試験桜組>大事なお知らせ

2023年05月31日

誤嚥と窒息について(知識の鎧を強固に)

こんばんは、桜子先生です。

今日は「子どもの食と栄養」「子どもの保健」だけではなく、
すべてのかたに読んでいただきたいテーマです。


先日1歳未満のあかちゃんが、
保育所でりんごのすりおろしを食べ、
意識不明となったニュースが流れました。
今日そのあかちゃんが亡くなったという続報がはいり、
保護者のかたの悲嘆と、
保育所の悲嘆と、
両方の気持ちがわかり、とても苦しいです。


どのような形式で保育所が離乳食を与えていたのか
わかりませんし、
部外者があれこれ批評することではないですが、
私たち保育を担う者は、
必要な知識はしっかりもっていたいです。


そこで参考になる資料を提示します。


「授乳・離乳の支援ガイド」
https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf

これはもう、保育士試験を受験されるかたであれば、
一度も目にしないというのはありえないガイドラインです。
まずこのガイドラインのp34をご覧くださいね。
「離乳の進め方の目安」が示されています。
なぜ保育士試験にここからよく出題されるかというと、
こういう基本的な知識を得て、
子どもに対応する必要があるからです。



そのうえで、
「教育・保育施設等における事故防止及び
事故発生時の対応のためのガイドライン
【事故防止のための取組み】 ~施設・事業者向け~」

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kyouiku_hoiku/pdf/guideline1.pdf

こちらは、具体的に食材の調理方法まで記載されています。
保育士試験では、前半部分が頻出ですが、
実は後半に、丁寧に食事についても説明されていますので、
試験が差し迫っていない今こそ、
ぜひ目を通しておいてください。

また現在現場にいらっしゃる保育士のかたも、
改めて知識を整理しましょう。


さらに先日の神奈川試験桜組の動画の際に、
紹介した誤嚥の資料も再掲します。
食品による子どもの窒息・誤嚥 ごえん 事故に注意!
―気管支炎や肺炎を起こすおそれも、
硬い豆やナッツ類等は 5歳以下の子どもには食べさせないで―」

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_047/assets/caution_047_210120_0001.pdf





私たち保育者は、
大事なお子様を、お預かりしたのと同じ状態で、
お返しすることが求められています。

このような事故があると、
保育所が責められますが、
保護者にしたらそれはそうだろうと思います。

しかし保育者としては、
想定外の事故だった、ということもあるかもしれません。


とはいえ、万が一のケースは、
いつか自分の時に起こるかもしれない。
であれば、知識の鎧をまとっていれば、
そのようなときに正しく動けるはずです。
知識があれば、最悪を免れることもあるかもしれない。
そのわずかな可能性のために、
私たちは知識の鎧を強固にしていきましょうね。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:02│・保育士試験学習アドバイス 
<質問大会その1>ご質問を募集します<実技試験桜組>大事なお知らせ