2024年01月

2024年01月31日

第10期満開部「裏」愛称・・・!!

こんばんは、桜子先生です。

先日第10期満開部の愛称が、
「てんとうむし」に決まりました。
アイコンはこちらね。

第10期満開部アイコン



その際、裏愛称として、
おまんじゅう」も公表されました。

第9期のときも、裏愛称アイコンがありましたので、
今回は第10期のみやこ昆布ちゃん
@nishimikimuu)
に、
アイコンを作っていただきました。
こちらです!!

<アイコン>
無題240_20240130080700


<ヘッダー>
無題243_20240130083007



みやこ昆布ちゃんからメッセージです。

【制作裏話】 ジュースやお天道様、
ジュエリーも入れたいと思っていましたが まとまりが無くなり断念いたしました… 各支部の代表まんじゅうを描こうかとも 思っていたのですが、
勝手にイラストで使用して良いものかも心配になり断念… 満開の桜の中 おまんじゅうを頬張るパンダさん トントン(性別不詳)になりました(⁠*⁠´⁠ω⁠`⁠*⁠) お口の周りのあんこヒゲで
お父ちゃん感を演出(のつもりです…) 耳にくっついた2匹のてんとう虫の●合わせると
10になるようになっております★




みやこ昆布ちゃん、ありがとうございました!!
第10期満開部さんは、
どうぞご自由にダウンロードしていただき、
お使いくださいね!!!




<ホームページはこちら>
https://www.sakurakosensei.com/

<インスタグラムはこちら>
https://www.instagram.com/sakurakosensei.eieio


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 20:59|Permalink満開部 

2つのタイプの勉強をしよう

こんばんは、桜子先生です。

今日のブログのテーマは
「2つのタイプの勉強をしよう」についてです。


最近<古い問題シリーズ>を展開していますね。
古い問題は、一筋縄ではいかない文章が多いです。
ただ読みなれてしまえば、
案外読めるようになります。


前世の記憶ですが、
うちの子どもたちは
当時中学受験のSという塾に通っていまして、
その模試などの際、
問題のタイプが
「Aタイプ」「Bタイプ」に分類されていました。

「Aタイプ」とは、知識の定着度と問題処理能力を測る問題で、
「Bタイプ」とは、
思考力と記述力を測る問題です。


今自分が講師になってコンテンツを提供する際、
このAタイプとBタイプの問題を、
時期を考えて効果的に出すように意識しています。
コンテンツを区別すると、
「Aタイプ」=ぷりてぃテスト、一問一答
「Bタイプ」=古い問題シリーズ

という感じです。


1月末から2月初旬の今は、
基礎を固める時期です。
であればAタイプのみをこなしていればいいのかというと、
そうではないのです。
学習の初期の段階から、
Aタイプのみをこなしていると、
応用力を訓練する時期に、Bタイプに太刀打ちできません。

Bタイプは、読解力が必要なものです。
保育士試験は、「保育の心理学」や「社会福祉」などに、
その手の問題が出題されます。
そしてその問題が、命取りだったりします。


したがってこの時期は、
AB両方のタイプで訓練していきましょう。
今私が出している古い問題は、
初見の可能性もありますよね。
過去問.com様も古い問題を提供くださっていますが、
できればスマホでポチポチするのではなく、
実際に紙で、線を引きながら、解いてほしいです。
この訓練は、
今後3月ごろに始まる、応用力の初見問題に、
驚くほど効果を発揮しますよ。

また古い問題シリーズは、
解説も大事です。
ここではじめましての知識を、入れてくださいね。
たとえば今日公開した「社会福祉」の
社会保障の機能。
言えましたか?
もしここではじめましてなら、
言葉と意味と、具体例を、
ここで知識として入れてください。


皆さんは今は、
テキスト学習からのAタイプの問題と、
ランダムに出されるテーマのBタイプの問題、
両方をリアルタイムでこなしていくようにしましょうね。


今は全然解けなくて、
ちからはついていない気がするし、
試験は怖いかもしれない。
でも大丈夫。
私は4月から勉強を始めて8月の試験でしたが、
「これはいけるかも?」とようやく思えたのは、
7月半ばになってからでした。
それまではほんとに試行錯誤してましたよー。


でもやらないことには力はつかないの。
だから、ここは腹をくくって、やろう。
大丈夫。
やってやろう!!!





<ホームページはこちら>
https://www.sakurakosensei.com/

<インスタグラムはこちら>
https://www.instagram.com/sakurakosensei.eieio


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 19:42|Permalink

2024年01月30日

桜子先生として名乗って仕事をすることの責任

こんばんは、桜子です。

昨日、あるニュースを知って以来、
重苦しい気持ちが消えません。
同じようなかたも多いのではと思います。

何が正しくて何が誤りなのか。
何が事実で何がうそなのか。
それは当事者でないのでわからない。
こちらは周辺情報で推察するだけです。


ただ私には、わかることがある。
0からものを生み出すのは、
とても苦しいということ。
そんなふうに生み出したものは、
わが子だということ。


私の仕事は保育士試験対策講師です。
自分のスキルで、さまざまなものを生み出しています。
その作業は、正直にいうととても苦しいです。
そして立ち止まることができないのも苦しいです。
でも私は自分で「桜子先生」と名乗ることを決めたのだから、
スキルが枯渇するまでは、立ち止まりません。


この「桜子先生」には、
支えてくださるかたたちがいます。
仕事としては、カドカワ様がいらっしゃいます。
私の著書を出版してくださる、
私の雇用主です。
著書に関していうと、
私は執筆者に過ぎないので、
カドカワ様の出版される私の書籍は、
カドカワ様が著作権をもっていらっしゃいます。

したがって、もし書籍に誤りがあった場合は、
出版社様であるカドカワ様の案件となります。

本日ラインのオープンチャットにて、
私の書籍が誤りばかりだとおっしゃったかたは、
お名前を添えて、カドカワ様に
①該当書籍、該当ページ
②どこが誤りなのか
③その根拠
を明確にして、お知らせください。
このような案件は、編集部で精査してくださいます。
本当に誤りがあるのであれば、
正す必要がありますので、
ご連絡をお願いいたします。
こちらのもっている情報を添えて、
カドカワ様に連絡しておきます。

つまりこのような案件は、
本来SNSに書くことではないのですよ。
一歩間違えれば、嫌がらせになってしまうからです。
間違いならば、
そしてそれを公にしたいのであれば、
正式な手段でご連絡ください。



「桜子先生」には、
ほかにも支えてくださるかたたちがいます。
たとえばチームの皆さんです。
私を先生として、ついてきてくださるかたたちです。
私がどれだけ皆さんの存在に支えられているか、
きっと正確には伝わらないかもしれませんね。
さりげなく寄り添ってくださるのもわかっています。
それがどんなにしあわせなことか。


でもこうやっておもてに出ていると、
私について、いろいろおっしゃるかたがいるのも知っています。
こういう立場だから仕方ないよね、と思っていましたが、
今は違うと思います。

昨日のニュースで、胸がつぶれました。
どんな気持ちで、欄干を越えたのだろう。

生み出すひとは、
自分に矜持をもっているけれど、
その半面、とても脆いことを知っています。
生み出して、世に出しているひとに、
何を言ってもいいのでしょうか。
何を言われても仕方がないのでしょうか。


私に対して、面と向かって
SNSで書いていらっしゃるさまざまな言葉の刃を
言えますか。
そして自分が同じようにされたらどうですか。

名前で仕事してるんだから。
ちょっと有名なんだから。
いや、有名税なんかない。
そんな税金は払ってない。
どうしてSNSで、
揶揄や悪意を出せるのか。
そんな発言をしていて、自分が苦しくならないの?

誰に対してであれ、
SNSという公の場で、
悪意をもって書くことは、
相手の心を殺す殺人です。
それがわかっていますか。


私は悲しくてやりきれない。
名前を名乗って仕事することには責任がある。
仕事を全力で守る。
だからといって、何を言われてもいいわけではない。

間違っているなら指摘してほしい。
でも根拠のない悪意を向けるのは間違っている。
自分がそうされたらどう思うのか。
それもわからないほどなのですか。


私は桜子先生です。
自分の仕事に矜持をもっています。
それ以上に責任があります。
私はみんなを合格されると決めたのだから、
そのために日々、自分を費やします。


私を法務や事務局が守ってくれるけれど、
私は私の手で、私を大事にします。





















hoikushshisakurako at 23:10|Permalink桜子先生 

資格の将来について

こんばんは、桜子先生です。

2024年4月1日基準日の仕事をしていて、
そういやあれどうなったのかな、
と調べていました。

1つは、
全国に展開されるという、
地域限定保育士試験について
です。

国は、やりたい自治体があるならどうぞ、
というスタンスのようですね。
私たちにとっては、受験回数が増えますが、
地域限定資格から全国資格になるには、
これまでと違い、
その地域での一定の勤務実績が必要になりそうです。

ただこの件は、まだ未定で、
少なくとも今年の試験はないんじゃないかなと思います。
多分神奈川県はまた独自で8月に試験するのかなという気はします。



もう1つは、
保育教諭にかかる特例措置について。
現在保育士資格のみをお持ちのかたが、
一定の要件を勤務し、特定の講座を受講することにより、
幼稚園免許を取得できる特例です。

こちらは現在令和6年度いっぱい(令和7年3月まで)が
期限となっていますが、
この感じだと、国はあと5年、期限を延ばしそうな感じがします。

しかしこの件もまだ未定です。


これらについて、
こども家庭庁が出した資料がありますので、

よろしければご覧くださいね。

https://www.cfa.go.jp/assets/contents/node/basic_page/field_ref_resources/a4073d94-6663-4d93-a47b-c8bcd75b5260/40e6ce0a/20231019_councils_shingikai_kodomo_sodachi_hoikushi_shikaku_LcZ7tpL1_04.pdf

続報が出ましたら、ここで共有いたします。



<ホームページはこちら>
https://www.sakurakosensei.com/

<インスタグラムはこちら>
https://www.instagram.com/sakurakosensei.eieio


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 20:15|Permalink・お知らせ 

前期試験桜組、いくぞーー!

こんばんは、桜子先生です。

今日の17時をもって、
令和6年前期保育士試験の申込みが終了しました。
皆さん、ちゃんとお申込みされましたね。

そして前期試験桜組のメンバーについては、
本日20時をもって、現時点での確定となります。

ちょうど2月にもなりますし、
ここから本腰を入れていきましょう。


今は基礎を固めていらっしゃる時期だと思います。
受験科目について、
テキスト学習をベースに、
ぷりてぃテスト、
そして私が日々出すコンテンツをこなしていってください。

現在進めている「古い問題シリーズ」は、
まだまだ続きます。
古い問題の方が言い回しがひねってあり難しいですが、
これに慣れておくと、
いまの試験が簡単に感じるようになります。
また問題文を丁寧に読む練習にもなり、
読解力があがるでしょう。
出されたものはすぐに取り組むようにしてくださいね。



また前期試験桜組の皆さんは、
もちろん夏の実技試験を受験されるかたたちです。
では実技試験の練習はいつから何をすればいいの?

はい、今から必死に取り組む必要はありません。
でもゆるゆると、
「実技試験とは何か」を考えていただいてもよいでしょう。

実技試験とは何か。
それは、テクニックを披露する場ではないことを、
まずは肝に銘じてください。
そこではありません。

たとえば造形などで、
テクニックを訓練する指導をしているところがありますが、
私と、私がもっている造形集団bouquetでは、
そこに主眼を置いていません。
これまでも、
いわゆる画力がいまいちの絵でも、
合格しています。
逆に単にうまいだけで、
漫画チックであったり、
技巧に走りすぎた絵は、
それほど評価につながりません。

それはなぜか。
造形で求められているのは、
「保育の心」だからです。
造形は、絵で描く保育計画です。
それがわかっているかどうかが大きい。

実技試験桜組でそこを叩き込まれ、
また満開部の模擬試験シャワーにもまれたかたたちは、
もれなく合格していきます。
それは、試験の真髄を正しく理解されているからです。


これは音楽と言語も同じです。
うまいことが第一義じゃないんですよ。

こういうことについても、
前期試験桜組のなかで、
少しずつお話をしていこうと考えています。


実技の有償教材については、
造形のワークブックがあります。
こちらは、試験の解答用紙に近い紙をつかった、
実際の冊子で、
描きこんで練習できるものです。
造形だけは、ダウンロード教材だと意味がないので、
私がいつも地道に500部くらいを発送作業しています。
今季もまずは予約注文を受けて発注します。
2月になりましたら予約を受けますので、
あと1週間ほどお待ちください。
さらに今季も、bouquetによる添削指導を、
安価で実施する予定です。


また言語、音楽についても、
考えていることがあります。
これはまた後日。



ということで、
前期試験桜組さんは、
夏の実技試験までがセットです。
筆記試験がゴールではありません。
全員で、実技試験にいきましょうね。

前期試験桜組さん、いくぞーー!
えいえいおー🌸




<ホームページはこちら>
https://www.sakurakosensei.com/

<インスタグラムはこちら>
https://www.instagram.com/sakurakosensei.eieio


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ





hoikushshisakurako at 18:10|Permalink・前期試験桜組