2023年02月

2023年02月28日

私の指導方針について

こんばんは、桜子先生です。

私が桜子になって、4年目となります。
合格者の満開部は、
すでに第8期(はっち)までになりました。

たくさんのかたが私のところで学んでいただき、
旅立っていきました。

そしてまた新たに私のところにいらしてくださり、
共に勉強しようとするかたたちがいます。


これまでの経緯がわかっていればご安心だと思うのですが、
私が何者かわからず、「怪しい」と思うかたも
いらっしゃるかもしれません。
そこでこの機会に、
私の指導方針について、改めてお伝えいたしますね。



私は普通の四大を卒業し、
一般企業で勤務し、その後独立して、
自分の名前で仕事をしていました。
その育休時代である平成16年に、
皆さんと同じように
国家試験で保育士資格を取得しました。
およそ4カ月弱の学習で合格しました。

私は多分要領がよく、
かつ国語の偏差値はいつも70を超えるタイプです。
その言語能力の特性を活かし、
試験勉強の際、テキストをすべて自前で問題集化する、
ということをしました。
その方法で、知識の穴をなくしていきました。
このメソッドが、私の指導の原点となっています。


保育士試験の講師となったのは、
2011年からです。
本業の会社に講師として採用されたことがきっかけです。

ここで「ひとに指導することとは」
を叩き込まれました。
それまで自分は要領がいいと思っていましたが
「ひとに教える」ということが、
どんなに難しいのか、
要領のよさなどなんにもならないことを
身を以て経験し、
まさに試行錯誤でここまで来ました。

最初は暗記に特化していたのですが、
それでは変化球できた問題は解けない。
ちょうど桜子になった2019年ごろの保育士試験は、
難問奇問の嵐で、
とても暗記だけでは太刀打ちできませんでした。

そこでどうしたらいいのかと悩み、
「理解する」ことに重点を置いた指導を始めました。
現在本業とは別に桜子をしており、
完全に二足の草鞋状態で1日を過ごしています。



私の指導には、2つの目的があります。

指導にあたり、
要点をまとめたPDFで理解を集約することと、
「耳と目で」リアル講義を受けてもらっているかのような、
動画講義を作成することに力をいれています。
とにかく理解してもらいたい。
ひとは理解すれば、
問題が改変されても解けます。
そして理解する学習は楽しい。
知ることは楽しい。
そう思ってもらいたい。
これが私の指導の1つめの目的です。

さらに皆さんには、
「知識の鎧」を纏うことを求めます。
「知識の鎧」は、
身につけるまでが大変だけれど、
一度身につければ、それは一生脱げません。
その鎧は皆さんの武器であり、
かつ皆さんを守るものにもなります。
私は皆さんより人生先を行っているので
(5しゃいだけど)
「知っている」ことがいかに大事なのかを痛感しています。
その纏った知識が、
資格取得後も、皆さんの役に立ちます。
そうやって皆さんを世界に送り出したいのです。
これが2つめの目的です。


なぜ自分の時間を削ってまで、
こんなことをするのか。
それには理由があります。
何度かお話ししているので、
昔からのかたはご存じですが、
それは母との約束によるものです。

2018年、母は急な病に倒れました。
それまで私は本業で
主任講師としてバリバリ働いていましたが、
病気が発覚してから亡くなるまでの4カ月半、
本業から離れて、ずっと母のそばにいました。
そのとき母とよく話をしていたのですが、
本業で、肩で風を切る私に対し
「思いあがってはいけない」
「自分の能力をひとのために使え」
と、繰り返し母は言っていました。
もっているスキルは、自分のものではない。
それをひとのために使ってこそだと。

母が亡くなって、からっぽになった私に、
その言葉が残りました。
そして亡くなって1か月もしない
2019年1月1日、桜子になったのです。


母の言葉は呪縛なのかもしれない。
でもそれでもいい。
私のところに来てくださったかたに
私のスキルをすべて提供します。
これが私の使命だと思っています。



指導にあたり、
いまでもまだまだ試行錯誤します。
指導することは喜びでもあり、
恐怖でもあります。
自分が独りよがりになっていないか、
的を絞ったポイントが間違っていないか、
自問自答します。
日々頭を悩ませ、
より効果的に楽しく勉強していただけるよう、
努力しています。


私はそういう指導方針でここにいます。
私の提供するものは、
タイミングや皆さんの様子、
試験の傾向をみて、
最適の効果を考えています。
その際、
これまで共に学習してきたチームのかたが、
「先生これはこうしてほしい」
というご要望があった際は、
真剣に考え、その通りであれば改善します。
でも私の考えの方が結果的にベストだと判断した場合は、
受け容れられないこともあります。
ただこのご要望は、
私の指導の意図がわかっていて、
お出しいただくものだと考えています。
関係も構築していない、
私の指導の目的もわかっていない状態では、
そのご要望は、的外れになってしまうからです。



世の中には、私のほかにも
保育士試験の勉強を教えてくれるひとがいます。
私は口うるさいし、厳しいので、
いやだな、と思うこともあるでしょう。
そうしたらきっぱり私を見限って、
どうぞほかの道を探してください。
ゴールは同じ合格です。
どんな道をたどってもいいのです。
合わない学習方法はつらいです。
そこはご自身でよく考えてくださいね。



以上、長くなりましたが、
思うところがあって、書かせていただきました。

これまで一緒にいてくだって、本当にありがとう。
いまも私と学習してくださっているかた、
共にゴールにむかいましょう。
私はあなたたちの先生です。
私には先生と名乗る覚悟があります。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 20:23|Permalink★しゃくらこ★ 

2023年02月27日

「子ども家庭福祉」令和4年後期問4~問7(クイズ大会つき)

こんばんは、桜子先生です。


このところ、色々なことが同時進行で、
めっちゃ混乱しております。

でも前期試験桜組の指導については、
しっかり漏れなく取り組んでいきますので、
安心してくださいね。


さて今日は、「子ども家庭福祉」です。
令和4年後期の問4~問7を、一挙解説します。
しかしこの動画は、
いわゆる「正解はこれで、この選択肢はこうで~」
という「解説」ではありません。
そういう解説は、試験終了時すぐに行っています。

いま皆さんに必要なのはそういう解説ではなく、

「目の前にこの問題がきた、これをどうやって解いていく?」
「今後正解していくためには何が必要?」

というアドバイスですね。

動画から、そこをくみ取ってくださいね。

そして今回は、問7に紐づいて、
簡単なクイズ大会も実施しています。
ぜひ動画を最後までご覧になって、
クイズにご参加くださいね。


それではどうぞ!!






よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 18:10|Permalink・子ども家庭福祉 | ・前期試験桜組

2023年02月26日

<桜子先生事務局>先生へのコンタクトのルール

桜子先生事務局です。
私は先生の業務の全般的な管理を担当する者です。
ここに書かせていただくのは初めてになります。
どうぞよろしくお願いいたします。


先生にリプライやダイレクトメッセージを送られる際の、
コンタクトのルールについて、
再度皆様にご確認いただきたく、
皆様の目に触れる機会の多い日曜日に書かせていただきます。
以下をご一読ください。

<リプライ>
大歓迎です。
先生は忙しいかたではありますが、
基本すべてのリプライに目を通されています。


<ご質問>
まずはリプライで、
①何からの質問か
②どこがどうわからないのか
を明確にしてお申し出ください。


ただし、
有償教材やカドカワ様の教材については、
リプライでは回答できません。
その際は、
「有償教材についての質問があります。
〇〇の〇〇についてです」
と該当箇所をリプライでお申し出ください。
その後ダイレクトメッセージに誘導いたします。


また、最近増えてきていますが、
*先生の教材ではないものからのご質問
*先生の教材と他社様を比較したご質問
には回答できません。

先生が作っていないものについては、
その根拠がわからず、
また他教材の権利を侵害しないという意図があるからです。
ここに先生がいらっしゃるので、
気軽にお声をかけてくださるのかと推察しますが、
他社様の教材は、該当の出版社様にお問合せください。


<ダイレクトメッセージ>
原則お受けしていません。
お受けする場合は、
①事前にリプライで
「〇〇について相談したい」と趣旨を明確にし、
②先生からダイレクトメッセージに誘導される
の2段階が必要です。

私が事務局に入った2022年以前は、
いきなりのダイレクトメッセージが1日100件以上届き、
先生がかなり疲弊されていたと聞いています。
最近はルールが浸透し、
いきなり送られるかたは減りましたが、
それでもまだいらっしゃいます。

いきなり送られてきたダイレクトメッセージには、
基本は回答しません。
それは結局はご自身の不利益になりますので、
必ず段取りを踏んでお申し出ください。



また、ほとんどのかたはそのようなことはないのですが、
先生にダイレクトメッセージを送り、
先生から回答があったその後、
それっきりのかたがいます。
事務局からすると、
これは先生に対し失礼な行為だと感じます。
お礼がほしいのではなく、
確認したかどうかを知りたいので、
ハートだけでも押してくださいとのことです。
(私はそれもどうかと思いますが、
先生はそれでいいとのことです)
またダイレクトメッセージについては、
事務局が内容を拝見していることを
改めてご承知おきください。



以上になります。

チームの組織が膨大となり、
先生おひとりでこれまでどうされていたのかと、
本当に驚きます。
私たち事務局は、それぞれ担当が違いますが、
少しでも先生の手助けをし、
先生がチームの皆さんのためにお力を発揮できるよう、
影武者として機能してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 12:50|Permalink桜子先生事務局 

2023年02月25日

「保育の窓」によせて

こんばんは、桜子先生です。


今日は久しぶりに、
「保育の窓」の記事があがりました。
もたんちゃん、
ご協力どうもありがとうございました。


私のもとで勉強され、
保育士資格を取得され、
新しい世界でがんばっているかたたち。
そのお姿を見せていただけて、
こんな嬉しいことはありません。


でも・・・
私は日々ここで皆さんを指導していますが、
ずっと葛藤しています。
みんなを保育士にしてもいいのか?
その疑念が、頭から離れないのです。


チームでであったかたたちは、
みんな、保育士の資格がほしい、と
熱く語られます。
私はそんなかたたちの肩に乗って、
全力でサポートするのが使命だと思っています。


でも、このところ、というか、
この国はますます、おかしい。
特にコロナ禍となってからの、
保育士として働くチームのかたたちの
過酷な労働状況に胸を痛めます。
「保育士はエッセンシャルワーカーだから、
何があっても働け」
私はそんなメッセージを、受け取ります。

それならそうとて、
いまの職員の配置基準はどうでしょうか。
この基準が作られた時代と今では、
子どもも、親も、家庭も、感染症も、
変わっています。
それなのに、何も変わらない。


そういう状況下にある保育士に、
みんなを送り出していいのか。
とても悩みます。


それでもこうやって、
「保育の窓」で活躍されている皆さんを見せていただき、
みんなが悩みながらも、
お仕事に頑張っていらっしゃることを
知ります。
私はそんな皆さんがとてもとても誇らしいです。



私にできることは、
まずは資格をとりたいかたのサポートをすること。
そのときに、
「逃げないこと」
「自分の意志で行動すること」
をお伝えしているつもりです。

私のもとで保育士を取得されたかたたちは、
みんな、そんなふうにして、
志が高いかたたちです。
保育士となられてからは、
もう私とは、生徒と先生の関係ではない。
今度は仲間として、
社会にアンテナを張って、
少しでも保育士の環境が
よく変わっていけるよう、
共に努力していきたいと考えています。



今後も「保育の窓」にご協力くださるかたを募集します。
ぜひ、あなたの「今」をお聴かせください。
どんなお仕事をして、
どんなことを思っているのか。
将来のさらなる夢は何か。
そんな、生きた声が聴きたいです。

ご協力くださるかたは、
まずはリプライでお声かけくださいね。
待っています。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ





hoikushshisakurako at 21:07|Permalink・保育の窓 

🌸保育の窓🌸(第6期満開部もたんちゃん)

こんにちは、桜子先生です。

今日は久しぶりに「保育の窓」をお届けします。

「保育の窓」とは・・・
私が仕事上でご縁のある保育園様や、
保育士として働くかたをご紹介するカテゴリです。
第4回の前回は
第2期満開部のぎょうざちゃんをご紹介しました。


さて第5回は、
第6期満開部の、
もたんちゃん(
@motan33_teamS6
をご紹介いたします。


もたんちゃんは、
保育士資格を活かして、
子育て支援センター専属の職員として、
保育園で勤務されています。
保育士ではなく、支援する側のお仕事、
どんなふうに働いていらっしゃのか、
ぜひご覧ください。


①自己紹介、資格取得について
第6期満開部の、もたんと申します。
私は、4歳〜2年生の男の子三兄弟の母です。
2年半ほど前から、
子育て支援センター専属の職員として、
保育園で勤務しています。

今回、私の保育業務ではない保育士資格の経験が
「保育の窓」を通
して、
同じように保護者支援を目指す方に届くといいなと思い、
かせていただく事にしました。

当時専業主婦だった私は、
三男が一歳を迎えたことを機にパートに
出るため、
どんな仕事をしたいのか考えました。

お世話になった支援センターの先生みたいになりたい、
孤立しそう
なお母さんの側にいたい。
その為に保育士資格をとろう。

そう思っていた中、
幸運なことに今の職場の求人に出会い、
採用し
ていただきました。

筆記試験は、2020年前期の中止+3回受験しました。

文字通りの独学で、
テキストと苦手教科に特化した教材で、
やる気
スイッチもなかなか入らず、時間がかかりました。
2021後期に無事に実技へ進み、
そこで桜子先生と出会い、
チー
ムの仲間と共に合格を掴み取りました。
桜組所属は短いですが、
温かく迎えてくれた先生、チーム生には感
謝です。


②子育て支援センターとはどんなところか(仕事内容)
私の働く子育て支援センターは、
関東地方のとある保育園の中にあり
ます。
子育て支援センターの役割は
「地域の子育て家庭の拠点であること
」。
保護者(特にお母さん)とお子さんが一緒に来て、
遊んだり、互い
に交流したりする場です。
時には、育児や家庭の相談も受けます。
子どもにとってはお友達と会える楽しい遊び場、
保護者の方はママ
友と話してリフレッシュしたり、
子ども同士の関わりから
我が子の
新しい一面を見る機会になっていると感じています。
今は感染対策で人数制限をかけさせていただいていますが、
毎日、
楽しみに来てくれる利用者さんに囲まれ、仕事をしています。

仕事内容は、
物理的なところでは環境の整備や消毒作業、
工作や講
座などイベントの運営や準備。
それに付した計画書などの事務作業
などがあります。
そして一番の業務が
「保護者、お子さんに寄り添い、受容すること

だと思っています。

支援センターが、
お子さんと保護者の方にとって
居心地の良い場所
になるような雰囲気づくりを
常に心掛けています。



③大切にしていること、やりがい
上記にもあるように、
私の一番の仕事は
全員が安心して過ごせる環
境、関係を築くことです。
お母さんと、世間話から育児のことなど会話を大切にして、
保護者
の方に寄り添うことを第一に考えています。
私は利用者の方と歳の近い子どももいるため
「先生はどうだった?

と参考までに育児体験を聞いてくれることも多いです。

自分1人じゃない、
いろんなパターンがあることを実際に伝えられ
ることは、
私のやりたかった事だし強みだなと思っています。


私を見つけて走り寄ったり、
人見知りだった子がニコッと笑ってく
れたり、
子どもたちには本当に日々癒されています。

利用者の方から
「ここに来てよかった」
「親子とも、本当に助けら
れた」
と言っていただけたり、
お手紙をもらったことがあります。

日々のやりとりの中で、
安心して過ごしてもらえたり、
拠り所にな
れていたと思うと、
泣きそうなくらい嬉しかったです。


また、私は勤務にあたって、
近所に親族がいないので、
何かあった
ときは自分の子供たちのことが優先です。
呼び出しでの早退も申し訳ないと思いつつ、
お互い様との心遣いに
救われました。
保育園という
"子供の利益を最優先に考える場所"だからこそ、
員の子どもも大切にしてもらえていると感じるし、
すべての保育現
場がそうあるべきだと思います。
小さい子がいて仕事復帰に躊躇している方がいたら、
こんな考え方
もあるんだよ、だから心配しないで、と伝えたいです。


④おわりに
チーム桜子は、
今の私にとって家庭・職場に次いで大切な場所です

受験生、満開部、
みなさんの頑張りや優しさが、私のエネルギーに
なっています。
今後も受験オンシーズンになると
我慢できずにツイッターに出しゃ
ばって応援しますが、
温かく見ていただけたら嬉しいです(°▽°
)
まとまりのない文章ですが、
読んでいただきありがとうございまし
た。

image0



以上です。
もたんちゃん、どうもありがとうございました!!



この「保育の窓」では、
保育士資格を取得後、
さまざまなステージで頑張っているかたを紹介していきます。
われこそは、というかたは、
どうぞまずはリプライにてお申し出くださいね。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 13:48|Permalink・保育の窓