2022年01月

2022年01月30日

【満開部第5期・6期】合格体験談を募集します

こんにちは、桜子先生です。

今日は合格体験談募集のお知らせです。

令和3年度の保育士試験に合格された
満開部第5期(令和3年前期試験で合格)
満開部第6期(神奈川試験・令和3年後期試験・大阪試験で合格)
のかたを対象に、
合格体験談を募集します。


この合格体験談の目的は、
①第5期・6期の皆さんのがんばった証を公開する
②後に続く後輩たちの参考になる
の2点です。

いただいた合格体験談は、
パワポに編集し、
YouTubeにて公開させていただきます。



以下のPDFをダウンロードしていただき、
PCやスマホ上の編集で書きこむか、
印刷→手書き→スキャン・または撮影
の方法などで、ご用意ください。

<ダウンロード用PDFひながた>
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2021%E5%BE%8C%E6%9C%9F/goukakutaikendanhinagata.pdf

<ダウンロード用JPGひながた>
*クリックで画像保存可能
合格体験談ひながた(JPG)



<書き込み見本例>

mihon



作成してくださった合格体験談は、
以下のアドレスに送信してください。

reply.sakurako@gmail.com

受領の確認として、1度だけ返信させていただきます。

締め切りは、2月13日(日)です。


<ご注意>
*全体公開となりますので、
個人情報をお書きにならないようご注意ください。

*どのような形式になっても大丈夫です。
PDF、JPG、使いやすい方でご利用ください。
ただ、パワポにまとめた際、
小さな字だと見えにくいですので、
そのあたりをご配慮いただけると嬉しいです。

*紙サイズはB5です。



ぜひぜひご協力くださいませ。
たくさんのご応募お待ちしております!!



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 10:08|Permalink・お知らせ 

2022年01月28日

今日の指導はおやすみ

こんばんは、桜子先生です。


今日は仕事に勢いがなく、
だそうとしているトライアングルが、
間に合わなさそうです。
なので今日は指導はおやすみということで、
雑談をお届けしますw


さて、どうして今日仕事が捗らないかといいますと、
実は軽いぎっくりになりまして・・・
もともとこれは職業病で、
保育士をしているときにはじめてなり、
油断すると年に数回やってしまうのです。
今回のきっかけはほんと恥ずかしいのですが、
昨日婦人科に行き、あの治療椅子に座ったとき、
角度が直角に近く、
スカートを気にしていたら、ぎくっとなってしまったのでした。
うう、情けない・・・
皆さんはぎっくりの経験はありますか?


保育士の職業病は、ぎっくり腰のほかにもありますね。
たとえば、ひざが黒くなってしまったり、
手が荒れがちです。
また、早食いだったりします。

あと、
卒園生のことはいつまでも覚えています。
お外で大きくなった子にあってもわかります。

それから、
声が明るく、笑顔が素敵です。

人の目線にあわせて話します。

踊ることに抵抗感があまりありません。

電車の中でみかける小さいお子が
何歳児か、なんとなくわかります。

泣いている子を放っておけません。

保護者の変化に敏感で、
「なにか困ってるのかもしれない」と
ひとりでハラハラします。

子どもが新しくできたことが
とてもとても嬉しいです。

でも何も特別ではない普段の子どもが
とてもとても可愛いです。



以上は、私がTwitterで知ってる、
チーム桜子の皆さんのことです。
ね、なんて素敵なんでしょう。



ということで、
素敵なみんなのことを考えて、
痛みをごまかしているしゃくらこでした。
明日トライアングル出しますので、
待っててね。




よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 20:20|Permalink・お知らせ 

2022年01月27日

明日から募集開始の模擬試験セミナーについて

こんばんは、桜子先生です。

明日1月28日、12時より、
カドカワ様主催の模擬試験セミナーの
募集が開始となります。



ここで模擬試験セミナーの目的をあらためて。


このオンラインセミナーは、
2月21日から開講します。
この時期は、まさに応用力アップの時期です。


各科目の問題は、
「ここ知識の穴じゃないかな」
「ここしっかり理解しているかな」
というところを問題にしています。

また、2021年4月1日基準日の改正とデータを
問題に織り込んでいるため、
その周辺の知識が定着しているかどうか、
確認することができます。


模擬試験の問題は決してやさしくなく、
6割をとれないケースもあるかもしれません。
でも逆にこのタイミングで、
理不尽な難しめの問題ではない、
(わざとわけがわからない問題も世に出回っている)
正当な手ごわい問題で訓練してほしいです。


さらに詳細な解説と講義動画がありますので、
トライアングルと同様に、
「理解」することができます。
応用力をつける時期に、
理解をベースにしたちからをつけることになります。




お申込みは明日12時から。
12時を待ってなくちゃだめ、ということはありませんから!
200人もの枠があります。
なので慌てないでくださいね。
このセミナーが、皆さんの得点力アップとなりますように。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/010bwibw7a321.html



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ

hoikushshisakurako at 19:50|Permalink・カドカワ様セミナー | ・お知らせ

2022年01月26日

みんな大丈夫ですか

こんばんは、桜子先生です。

Twitterのタイムラインでは、
これまで以上にたくさんのかたが、
陽性と診断されたとツイートされています。
ご家族全員が陽性となったかたもいらっしゃいますね。

保育所などで勤務されているかたや、
放課後等デイサービス勤務などのかた、
福祉のお仕事をされているかたは、
まさに身近にコロナが迫ってきている感じではないでしょうか。


そんななか、
お仕事にがんばっている皆さん。
お子様が学級閉鎖になってしまった皆さん。
リアルに今罹患されている皆さん。
お気持ちは大丈夫でしょうか。

たくさんのことが不安で、心配で、
実際発熱もされていたり、
自分も感染しているのでは?
家族は??
などと、いっぱいいっぱいでは。


そういうときこそ、
Twitterで声をあげてくださいね。
こういうときこそ、
みんなで声を掛け合いましょう。
私たちはチームだから。


つらいこと。
困っていること。
心配でたまらないこと。
一生懸命がんばっていること。
声を聴かせてくださいね。


みんなはひとりじゃないのよ。
今を、みんなで乗り切ろうね。


何より、どうかどうかご無事で。
祈ってます。


よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 22:02|Permalink・保育士試験学習アドバイス 

2022年01月25日

令和4年前期試験、申し込みましたか?

こんばんは、桜子先生です。


今日は1月25日、
令和4年前期試験の受験申請締め切り日でした。
受験を予定されている皆さんは、
ちゃんと申請されたでしょうか?


出願が終わると、いよいよって感じしますよね!
ここからは前期試験桜組さんの番です。
本腰を入れていきましょうね。


今から1か月くらいは、
基礎力をかためる時期です。

トライアングル生は、
この1か月くらいのあいだに、
すべてのコンテンツの学習を終わらせる、
そういうつもりでいてほしいです。

また、他の科目についても、
少なくともテキストレベルの理解は終わらせておきたいです。


ここでどのような教材を使うか、といいますと、
①テキスト
②基礎力コースのようなシンプルなもの
③無償PDF
④YouTube
のようなものです。


試験合格には、
実はここから1か月の使い方が大事です。
毎日いろいろなご都合があるとは思いますが、
受験する、と決めたのであれば、
「逃げない」
を掲げていってほしいです。


日々時間がなくて、勉強できない、
とおっしゃっているかたを、Twitterでも何人も拝見しますが、
ではいつ時間ができるんでしょうか?
今勉強ができないなら、
それは2月でも3月でも4月でも同じです。
気づいたら試験直前になって、
とてもとても後悔するはずです。

そうなってほしくありません。
であれば、今、策を講じる必要があります。

私が考える策は、以下の通りです。

①1週間を通して考え、学習時間を総数で割り振る
これは平日は難しくても、週末にまとめてできそうなら、
平日は30分、週末は3時間、というように組み合わせる方法です。

②受験科目を選定する
勉強時間がとれなくて、どれも中途半端になってしまいそうなら、
いっそ受験科目を絞りましょう。
初受験の場合、もちろん2日間9科目を受けにいきますが、
そのうち、
「絶対にとる科目」を決めるのです。
科目を減らすことによって、負荷が少なくなり、
学習が濃くなります。


そして学習をする際は、
濃淡があるよ、とお伝えしていますが、
学習方法にも濃淡があります。

たとえば動画を聴き流したり、
ネット上のwebテストをしたり、
という学習は「淡い」学習です。
これは一歩間違えると
「やってるふり」
になります。
頭を使わないでも時間を経過させることができてしまうからですね。
反射神経ばかり鍛えられてしまいます。

一方のトライアングルのように、
「動画を観る」→「トライテキストで理解する」→「アングルで訓練する」
の流れは、「濃い」学習です。
理解することで、知識は定着します。
手も動かすことになるはずですので、
記憶にも残りやすいでしょう。

またたとえばテキスト学習をする際、
「これはどういうしくみなんだろう」
と疑問に思ったとき、
ご自身で色々調べてみる。
こういう学習も、記憶に残る「濃い」学習です。


日々のご自身の学習を振り返り、
「淡い」学習のみになっていないか、
気を付けてくださいね。

「淡い」学習を1時間するなら、
「濃い」学習を15分してください。
忙しいからといって
「淡い」学習ばかりしていると、ちからはつきません。
それだけは断言しておきますよ。


ここから1か月後、2月の終わりになったとき、
「ああがんばった」と思ってほしいです。
一緒に、「濃い」1か月を過ごしていきましょうね。



よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ