2021年01月

2021年01月31日

令和3年実技試験音楽課題について(販売予定)

こんばんは、桜子です。

昨日はお休みをとって、ホテル泊してきました。
そうでもないと、強制的に仕事から離れられないので・・・
でもよかったです。
最近ずーっと仕事のことを考えていたので。
たまにはリフレッシュも、必要ですね!!


さて今日は、令和3年実技試験音楽課題について
予告があります。


今回の課題曲は
「あひるの行列」
「揺籃のうた」
です。
こちらについて、
ジャスラックの許諾をいただき、
さらに「あひるの行列」については、
作曲者の中田先生の事務所に伴奏譜をお見せし、
ご担当者様に中田先生の曲想をそぐわないようご指導をいただき、
2曲とも伴奏譜が完成いたしました。

さらにこの2曲を浄書するにあたり、
昨年も依頼した浄書のプロにお願いし、
そこでもさらに伴奏についてご指導をいただきました。

ということで、近日中に桜子先生ストアにて、
販売を開始いたします。
今回の販売期間は、
2月~4月末までを予定しています。
後期試験については、またその頃に販売を再開しますね。



なお、今回の2曲は、最高音が「D」=「レ」となっており、
もしかして歌うのが厳しいかたがいるかな?ということで、
原調がヘ長調のものを、ハ長調に移調したバージョンも
ご用意することにいたしました。

販売は、
*原曲バージョン(2曲) 600円(税込み)
*ハ長調バージョン「あひるの行列」 300円(税込み)
*ハ長調バージョン「揺籃のうた」 300円(税込み)

の予定です。

ストアの準備が整い次第販売を開始いたしますので、
いましばらくお待ちくださいね。


販売にあたり、2点注意がございます。
<その1>
万が一音楽の試験が中止になっても、返金はいたしません。
それを踏まえてご購入ください。


<その2>
昨年楽譜を販売した際、
私の楽譜について、
不当に悪評を流したかたがいらっしゃいました。
そのかたと、そのサイト、サイト管理人様についてはすでに特定しており、
私の代理人が書類等を整えておりました。
(ログも保存されています)
昨年はそれでも目をつぶってきましたが、
今回はそのようなことが確認でき次第、
発言者、サイト管理人様を対象に、
営業妨害として、ためらわず法的措置をとります。
くれぐれもご発言にはご注意ください。
なお、隠語等を使っても私だとわかる場合は、
法的措置の対象となります。
ほかの掲示板などのSNSでも同様です。
今年は色々なものを整えたので、すぐに動けるようになりました。
事実無根、悪質な中傷については、毅然と対応いたします。




さてさて、最後の注意2については、
これをご覧になってらっしゃるかたには関係ありませんでしたね!
でもどこかで警告する必要がありましたので、
強い桜子で失礼いたしました。

それでは課題曲、楽しみにお待ちくださいね~!!!





ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ





2021年01月30日

数値のまるめかた(暗記方法)

おはようございます、桜子先生です。

今日はお昼から休業予定ですので、
今のうちにブログを書いておきます。

今回のテーマは、
「数値のまるめかた」
についてです。


これはどういうことかというと、
たとえば色々な科目で数値を暗記しなくてはならない場合、
まるめる=概数で覚える
ことも必要になりますが、
それをどのようにまるめればいいか、という意味です。

そもそも数値をまるめるときには、
その数値の意味を考えなくてはいけません。


例にあげて、
まるめていい数値、まるめてはいけない数値を説明します。

<まるめていい数値>
例「社会的養育の推進に向けて」

スクリーンショット 2021-01-30 093502

たまに出る施設数や現員の数値です。

この数値は、施設の特徴を表しています。
たとえば施設数に着目しましょう。
社会的養護関係施設をピックアップします。

児童養護施設  605か所
乳児院     140か所
児童心理治療施設 46か所
児童自立支援施設 58か所
母子生活支援施設 227か所

これらの施設の現員は以下の通り。

児童養護施設  25,282人
乳児院     2,706人
児童心理治療施設 1,280人
児童自立支援施設 1,309人
母子生活支援施設 3,789世帯


試験に出るとしたら、
それぞれの数値がどの施設を表しているか、だと思います。

この場合、施設の意味に紐づけて考えればよく
絶対数が一番なのが児童養護施設=要保護児童の多くがここにいる
次が全国にちらばる母子生活支援施設=DVのシェルターでもある
その次があかちゃん対象の乳児院=生まれてすぐ育てられない子どもが一定数いる
そして児童心理治療施設と児童自立支援施設はそんなない

まず上記を把握しておきます。
そのうえで、
児童養護施設  600か所
乳児院     140か所
児童心理治療施設 40ちょっと
児童自立支援施設 60ないくらいで心理より多い
母子生活支援施設 200か所

児童養護施設  25,000人 一番多くて「万人」単位
乳児院     2,700人 3千くらいだよね
児童心理治療施設 1,200人 1000人ちょっとで自立より少ない
児童自立支援施設 1,300人 1000人ちょっとで心理より多い
*施設数とは逆転してる
母子生活支援施設 3,700世帯 世帯できかれるから区別つく

といった感じでまるめてしまって大丈夫です。
とにかくポイントは、
施設の特徴がわかっていること
児童がどういう配分で入所しているか
が理解できていることですね。

それであれば、たとえ正確な数値を忘れてしまっても、
その場で解ける可能性が高くなります。


<まるめてはいけない数値>
例 「国民生活基礎調査」

この調査は、
保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、
厚生労働 行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを
目的とするものです。
微妙な数値の違いが結果の明暗を分けるため、
細かい数値は基本的にはまるめては意味がなくなります。


たとえば
「世帯構造及び世帯類型の状況」における
夫婦と未婚の子のみの世帯=29.1%
単独世帯=27.7%
夫婦のみの世帯=24.1%
となっていますが、
これをそれぞれ
29%、27%、24%にはまるめない方がよく、
数値でいるとたった数%にしかなりませんが、
この3世帯の数値の差はしっかり覚えておきましょう。

また
「65 歳以上の者のいる世帯の状況」における
65 歳以上の者のいる世帯=全世帯の 48.9%
ですが、
これをまるめて約50%、にしては絶対にいけません。
ここは、5割は届かない、というように覚える必要があり、
5割もある、というニュアンスではありません。
しっかり48.9%で覚えてください。



2つのデータを例に出しましたが、
まるめていいもの、まるめてはいけないものの区別がわかりますか?

施設の数値や人数などは、概数で覚えても問題ありません。
ほかに「児童養護施設入所児童等調査」なんかもまるめてもいいです。

社会福祉に関わるデータ、
たとえばほかに「雇用均等基本調査」(育休率)のような、
微妙な数値の差が前年度と比較されて出題されるようなものについては、
絶対に数値はまるめてはいけません。



以上、いかがでしょうか。
数値を覚えるときには、上記を意識するといいですね。
それでは学習がんばってくださいね!




ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



2021年01月29日

無償PDF・有償教材の学習タイミング

こんばんは、桜子先生です。

お問合せをいただきましたので、
今日はもう1本記事を書きます。
テーマは
「無償PDF・有償教材の学習タイミング」についてです。

先日のブログで、学習の深度について説明しましたね。
そのとき、まずはテキストで理解をすることが大事、とお話ししました。
じゃあ先生の無償PDFや有償コースはいつするの?


今は、基礎を固め、理解を構築する時期です。
テキストを3回読んでください。
(これについては先日のブログを参考に)
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/25417270.html

その3回目に、無償PDFを使います。


私の無償PDFの量は膨大です。
私のテキストをお持ちのかたは、重なっている部分もあるので、
テキストにないもの、
またテキストの内容をさらに詳細にしているものを選んで
学習します。
テキストをお持ちでないかたは、
一通りPDFの内容を確認し、
ご自身が弱い部分を印刷してください。
本当は全部取り組んでいただきたいけれど
(特に福祉系です)
そこはご自身で調整してくださいね。
ここから暗記にはいります。


先日満開部のかたが
「実はPDF倉庫の存在を知りませんでした」
とおっしゃっていて、とても驚いたのですが、
チームに入った時期によっては、
もしかしてブログのPDF倉庫のことをご存じないのかも。
念のため、ここにURLを貼りますね。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/archives/cat_369805.html


自分で言ってしまいますが、
私のPDFは細かく、でもその分、
これまでの市販書籍にない内容を掲載しています。
PDFは何度でも印刷できるので、
満開部のかたたちは色々工夫されていました。
トイレやキッチンに貼ったり、
ラミネート加工してお風呂に持ち込んだり、
タブレットに取り込んで、
おでかけ先でも使われていました。


私が桜子に変身した2019年1月、
どうにかしてみんなを合格させたい、
そのためには緻密な資料を作り、
どこが大事なのかを示すしかない、
その思いで作成したのが無償PDFです。
今考えると、よくあんなに膨大なPDFを作れたな、と感じますが、
合格させたい一心で、勢いで作ってしまいました。
当時は母を亡くしたばかりで心がからっぽで、
立ち止まることが怖かったのもありました。

その後PDFを使っているかたたちから
「印刷が大変」というお声を聴き、
そのタイミングでカドカワ様からお声をかけていただき
(なんと2019年の2月には、大倉さんとお会いしていました)
PDFがまとまっていて、さらに解説も掲載しているテキストを
販売することになったのです。
PDFを全部印刷すると、プリンターがないと1万円以上かかると
ききました。
それじゃあんまりだよね?ということで、
1冊2000円の本をカドカワ様が作ってくださいました。
なので、これは宣伝ではありませんが、
PDFの印刷に苦労される予感がするかたは、
本を買ってしまわれた方が楽ですよ。





有償の特訓コースは、それぞれ学習の時期が違います。
「保育の心理学」「子どもの食と栄養」は、
もう今から使ってください。
テキストで勉強したところと同じ項目を、
特訓コースで上乗せしていきます。


「社会福祉」「社会的養護」については、
もしあなたが初めて受験されるかたなら、
この2科目のベースとなる学習が済んでから取り組んだ方が
スムーズに進むでしょう。
2月中旬くらいから始めるのでもいいと思います。


2回目以降でこの2科目を受験されるかたは、
迷わず今から取り組んでください。

そしてしつこくしつこく繰り返し、
もう覚えてしまうくらい専念してほしい。
そうすることによって、6割なんていう甘いレベルではないところへ
到達するはずですよ。
(それだけきつい教材です)

有償教材は、また別の意図をもって作成しています。
購入してくださったかたに、
普通のちからじゃない、
スーパーで確固たるちからをつけてもらいたい、
その分さらにしつこくて細かくて大変だけど、
やった分自信になるような、
そういう意図で作りました。
作る私もこれは本当に大変で、
まさに身を削って作っています。





以上でご理解いただけましたでしょうか。
PDFは、合格のためにぜひ使っていただきたいですが、
あくまでもご自身の裁量で活用していってくださいね。

皆さんの学習を応援しています。


ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



2021年01月28日

🏺満開部のかたへ(限定記事)🏺

こんばんは、桜子先生です。

この記事は、満開部のかた限定になります。
1月28日21時ごろの私のツイートに、
パスワードが記載されています。
そのパスワードとニックネームで、
次の記事をご覧ください。続きを読む

🔥明日が受験申請の締め切り🔥

こんばんは、桜子先生です。


今日は注意喚起のブログになります。

毎回試験の申請締め切り後に、
「先生、申請をうっかり忘れました」
とおっしゃるかたが数人現れます。

それをうかがうたびに、
なんとも言えない気持ちになります。

いつもツイッターで告知してるんですけれど、
今回はそれにもまして、
ブログでもしつこく注意喚起することにします。


前期試験の申し込みは、
1月29日(金)までですよ!
つまり明日ね!
そして申請は、郵便局窓口でしかできませんよ!
ATMでは払えません!!
そして締め切り時間は、一般的には16時のはずです!




それから、添付する書類、大丈夫ですか?
よくあるのが、福祉系の資格持ちのかたで、
受験科目免除のための書類送付を忘れるパターンです。
子ども家庭福祉、社会福祉、社会的養護の免除は大きいですよ!
書類ちゃんと出してますか???
これは全員に言いますが、
本当に必要書類を出しているかどうか、
もう1回目を皿のようにして、手引きを読んでくださいね。
受験票が来てしまったら、一切修正はできませんよ!!



前期試験を受験されるかたが、
晴れやかな気持ちで明日の16時を迎えますように。
先生との約束だからね!!

スクリーンショット 2021-01-28 182459

ああ・・・こんな魔改造したら、えいえいおうとイラストレーターさんに叱られる・・・


ブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ