2020年10月

2020年10月31日

令和2年後期保育士筆記試験解説シリーズ③「子ども家庭福祉」

こんばんは、桜子先生です。

令和2年後期の問題を解説するシリーズその3です。
今日は「子ども家庭福祉」です。

リクエストはまず問20のAでした。
スクリーンショット 2020-10-31 210541
こちらのAに疑義があるとのことでしたね。

A 離婚率は、2001(平成 13)年に最も高くなり、その後減少するも、2010(平成 22)年以降は再 び増加する傾向にある。

この問題は、前提として「平成29年人口動態統計」から読み取れる家庭の状況、
とされています。
つまり参照にするものはこのデータのみです。
これが鉄則なので注意してください。

それを踏まえて「人口動態統計」を確認します。
https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files?page=1&layout=datalist&toukei=00450011&tstat=000001028897&cycle=7&year=20170&month=0&tclass1=000001053058&tclass2=000001053061&tclass3=000001053070&result_back=1
これの10-2になります。
スクリーンショット 2020-10-31 211654

これが抜粋してきた全国の離婚率の年次推移です。
黄色が年度、緑が2000年、2010年の数値です。
設問では、「2001年に最も高くなり」といっていますが、
このデータでは2000年の提示しかありませんでしたので、
個別に平成12(2000)年の離婚率を確認してきたところ、
2001年と同じく2.1でした。

とすると、2000年の2.1という数値は確かに最も高くなっていますね。
そして次の要件である
その後減少するも、2010(平成2)年以降は再び増加
というのはどうでしょう。
年次推移のグラフをみると、
2010年の1.99から、
1.77→1.81→1.73→1.7
となっており、2014年にちょっと増加したものの、
それ以降は減少しています。

ということで、設問の要件にはあわないため、×となります。


こういう数値を問う問題の根拠をあとから確認するときに、
絶対にしてはいけないことは
「指定された資料以外のものを根拠とする」
ことです。

この問題は平成29年の人口動態統計からしか根拠を求めてはいけません。

ちなみに他の選択肢も、この年の人口動態統計から裏をとれています。
したがって不適切問題ではありません。

ネット上で話題になっていた選択肢Cも正しいです。
まとめましたのでよろしければどうぞ。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/2020%E5%BE%8C%E6%9C%9F/kodomokateifukushitoi20C.pdf



解答速報をする企業が間違えることはないとはいえません。
ただ、自身も速報をする立場から言えることは、
正答を出すに至るまで、またそれ以降も、
自社の出した正答、他社様の出された正答を何度も確認し、
もしそこに齟齬があれば自社の正答を見直し、根拠を調べまくります。
それを考えると、今回の問題については、
私は不適切問題があるとしたら、この科目の1問だけのような気がいたします。


以上、参考になりましたら幸いです。



実験でブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 21:23|Permalink前期試験桜組2021 | 子ども家庭福祉

<実技試験桜組>言語のお話の選び方

こんにちは、桜子先生です。

今回は、実技試験桜組のかたを対象に、
「4つのお話の課題、どれを選んだらいいの!?」
のお悩みを解消する動画を作成しました。

まだ1つに決めかねている桜組さん、
ぜひ動画をご覧くださいねー。


次の画面では、パスワードが必要になります。
ニックネームはご自身のお好きな名前
パスワードは、実技試験の掲示板のアクセスキーと同じです。
アクセスキーは、実技試験桜組の私のツイートのトップに
固定されています。
そちらでご確認くださいね。


ではどうぞ!続きを読む

hoikushshisakurako at 10:53|Permalink保育士試験 | 実技試験桜組

2020年10月30日

本日カドカワ様より書籍が発売されました

こんばんは、桜子先生です。

今日、作成に1年半を要した私の市販書籍が発売されました。
本業をしながら、そして桜子業をしながら、
地道にコツコツ書き進めたテキストです。
皆さんのお手元に無事お届けすることができて、
とても嬉しく思います。

さて今日は、このテキストをどのように活用していただくのか、
私のPDFとの関連性を踏まえて説明いたします。

まずテキストの上巻・下巻の分類ですが、
それぞれを<保育系><福祉・教育系>としました。
受験されるときの関連科目と合格しやすさ、
そして万が一不合格になってしまい、
購入を考えてくださった際に1冊だけ買っていただけば
いいように、をテーマに分類しました。


上巻<保育系>
「保育原理」
テキストの最大の特長は、「保育所保育指針」第2章の年齢区分を、
似た語句どうしでまとめたところです。
特に「1歳以上3歳未満児」と「3歳以上児」について、
どこがどう似ているのかを比較しながら暗記することができ、
確実な得点源となります。
なかなかご自身ではそこまではできないと思いますので、
テキストでそのまま暗記していただければと考えて作りました。
また、「保育所保育指針」を全文掲載し、
大事な頻出語句を赤字にしています。


「子どもの保健」
この科目は、出る分野をわかりやすくまとめました。
確実な得点源となるところをしっかりとりあげています。
ブログのPDFは、この科目はそれほどたくさんはご用意していないので、
テキストでしっかり学習されることをお勧めいたします。


「保育の心理学」
この科目は、前述の「子どもの保健」を参照しながら、
心の発達を学んでいきます。
特長としては、乳児期から老年期までを分類し、
それぞれの発達の流れを理解できるようにしたことです。
また心理学者、心理学用語についても、
2020年神奈川試験の内容までをギリギリまでぶちこみました。
(編集様にはご迷惑をおかけしました!)
多分、どの本より詳しいと思います。
この科目についても、ブログのPDFより充実した内容です。


「子どもの食と栄養」
最新の「日本人の食事摂取基準」について、
得点源となるようにまとめました。
この内容はPDFでの鍵つきで公開していたものです。
また、頻出のガイドライン系については、
このまま覚えていただけるようにとりまとめ、
赤字にしてあります。
またPDFではご用意のない、
「平成27年乳幼児栄養調査」についてもまとめてあります。


「保育実習理論」
ここで苦労したのは音楽(楽典)部分です。
いかに活字で理解していただくか?
でもなんとか工夫して、
伴奏、コードネーム、移調、調号問題について解説しました。
また、造形、言語については、
過去に出題されたテーマをとりあげて、
たとえば造形素材のあれこれや、言語のお話の本のまとめなどを
掲載しました。
過去の私の裏桜子部や桜子スクールで学んだかたであれば、
懐かしい内容もあると思います。


下巻<福祉・教育系>
「子ども家庭福祉」
対象者別に法令、制度、施策、実施機関、施設を分類し、
とりまとめました。
PDFで表となっていたものを分解して編成しなおしています。
また、事業については、PDFと同様の内容を記載しています。
このテキストで保育士試験に必要な知識は手に入るでしょう。
そしてそのうえで、PDFで補完していただくことにより、
知識はより強固になるはずです。


「社会福祉」
最近どうしてもこの科目だけ残ってしまうかたが多い。
それをとにかく解消したい。
その一心で執筆しました。
この科目も、対象者別に分類しています。
前述の「子ども家庭福祉」とセットで学習することにより、
対象者別のわが国の福祉をすべて網羅していただけるようになります。
校正ぎりぎりまで最新の情報をいれるようにがんばりました。
また、PDFでまとめている社会福祉援助技術用語についても、
さらに最新の内容をぶちこみました。
たとえばパールマンの6つのPまで入れていますよ。
編集様があいうえお順にまとめてくださっています。


「社会的養護」
先日の試験では、社会的養護関係施設の運営指針から
多く出題されていましたね。
この科目では、社会的養護関係施設に加え、
里親・ファミリーホーム、自立援助ホームの運営指針を
とりまとめました。
施設ごとの特徴を読んでつかんでいただくようにしています。
さらに「児童養護施設入所児童等調査」の結果も
施設ごとに整理してまとめています。
社会的養護が苦手なかたは、ぜひこのテキストで勉強していただきたいです。


「教育原理」
絶対に出る教育関連法、人物、わが国と海外の教育制度を
とりまとめました。
このまま素直に全ページを暗記していただくだけです。
PDFの内容とほぼ同じではありますが、
コンパクトにまとめており、学習しやすくなっています。


以上、いかがでしょうか。
私の今回のテキストが、皆さんの学習の一助となりますように。


またこれは将来的なお話ですが、
来年このテキストに沿って講義動画をご用意する企画が
カドカワ様とのあいだで進んでいます。
いわば学校の授業のように、
私のテキストを教科書として、講義を聴いて学習していくスタイルです。
前期試験のかたにはちょっと間に合いませんが、
2021年4月1日基準日で作成することになっています。
その基準日で受験をお考えのかたはお待ちくださいね。






たくさんのお祝いのメッセージをどうもありがとうございました。
皆さんにPDFを使っていただいて、
その反応をみながら執筆しました。
ですのでこの本は、皆さんと作成したものです。
チーム桜子のご努力の結晶ですね。
本当にありがとうね。



実験でブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ












hoikushshisakurako at 23:12|Permalink保育士試験 | お知らせ

令和2年後期保育士試験解説シリーズ②「社会福祉」問15

こんばんは、桜子先生です。

令和2年後期試験の解説を行うシリーズ、
今日はリクエストをいただいた「社会福祉」です。
まずは問15を解説しますね。


<問15>

スクリーンショット 2020-10-30 184435


こちらは、児童養護施設入所児童が職員から虐待を受けた場合の
児童の権利擁護についての問題です。
ここで気をつけなくてはいけないのが、
この問題は「児童虐待」を問うものではなく、
児童を1人の利用者として、それに対する社会福祉施設の事業者
という構図で考えなければいけない、ということです。

それをふまえて選択肢Aを確認すると、
虐待を受けた児童は、「社会福祉法」に苦情の解決に関する規定があり、
苦情を申し立てること ができる。

は、
*虐待を受けた児童=福祉サービスの利用者
が、
*苦情の申立て
をすることを問われているのであり、
するとこれは「社会福祉法」第82条の
社会福祉事業の経営者は、常に、その提供する福祉サービスについて、利用者等からの苦情の適切な解決に努めなければならない。
=利用者の権利擁護
を受けて、正解と判断できます。

同様に選択肢Bの
虐待を受けた児童は、都道府県社会福祉協議会に設置された運営適正化委員会に
申し立てること ができる。

も、「社会福祉法」第83条の
都道府県の区域内において、福祉サービス利用援助事業の適正な運営を確保するとともに、福祉サービスに関する利用者等からの苦情を適切に解決するため、都道府県社会福祉協議会に、人格が高潔であつて、社会福祉に関する識見を有し、かつ、社会福祉、法律又は医療に関し学識経験を有する者で構成される運営適正化委員会を置くものとする
同第85条の
運営適正化委員会は、福祉サービスに関する苦情について解決の申出があつたときは、その相談に応じ、申出人に必要な助言をし、当該苦情に係る事情を調査するものとする。
を踏まえて正解と判断できます。

また、社会福祉事業の経営者による福祉サービスに関する苦情解決については、
厚生労働省より指針が出ており、これも参考にする必要があります。
https://www.pref.okayama.jp/uploaded/life/507287_3835046_misc.pdf


最初にこの問題をみたときに、児童虐待がテーマだと思い込んでしまうと、
問題の主旨は苦情解決についてだと気づかないので、
ここが要注意だったと思います。
選択肢A、Bについては、そこに気づけば解けたはずです。


さらに選択肢Cは、
虐待を受けた児童は、その旨を児童相談所、都道府県の行政機関または都道府県児童福祉審議会 に届け出ることができる。
であり、これは被措置児童虐待についてのものなので、
「児童福祉法」第33条の12第3項である
被措置児童等は、被措置児童等虐待を受けたときは、その旨を児童相談所、都道府県の行政機関又は都道府県児童福祉審議会に届け出ることができる。
の条文ママであることがわかります。
ということで選択肢Cも〇です。

ここでの注意ポイントは、
被措置児童の虐待を規定するのは
「児童虐待防止法」ではなく
「児童福祉法」
「児童福祉施設の設備及び運営に関する基準」
であることです。

常々、通常の虐待についてだけではなく、
施設入所児童の虐待(=被措置児童虐待)のしくみも
理解しておく必要がありますよ。


以上、いかがでしょうか?
このような問題を解くときには、
「問題のテーマは何か?」
「作問者は何を問いたいのか?」(作問者の意図)

を見極めて考えていくようにしましょうね。


次回も「社会福祉」について解説します。

なお、「社会福祉」については、
今回も不合格者が一番多い科目のような印象をうけましたので、
*全員公開のブログで問題の意図を解説
をしつつ、前期試験桜組2021の枠の中で、
1問ずつの動画講義を行う予定です。
「社会福祉」の学習については、
単にどこから出た、どこが正誤だった、という単眼的な考えかただけではだめで、
作問者の意図をしっかり理解する複眼的な学習が必要だと思っています。

私の解説から、
どのように問題の主旨をつかみ、
どのように考えて解いていくのか、という力をつけていってください。
問1から順に解説していきますので、楽しみにお待ちください。



実験でブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ



hoikushshisakurako at 19:47|Permalink前期試験桜組2021 | 社会福祉

2020年10月29日

令和2年後期筆記試験問題解説シリーズ①「社会的養護」

こんばんは。桜子先生です。

今日から「前期試験桜組2021」というカテゴリを作りました。
このカテゴリでは、来年の前期試験対策の内容をお届けします。


さてさっそくですが、
先日終わったばかりの筆記試験について、
ここは要注意だよ、という問題をとりあげて解説をしていきます。
何回かシリーズにしていきますね。
また皆さんからの解説リクエストもお受けします。
この記事のコメント欄を開放していますので、
ご希望の問題がありましたらコメントにお残しください。
ただ現在まだ正答が出ていませんので、
それをご了承くださいね。


さて、今日のテーマは「法改正」。
この後期試験では、色々出されるべき法改正があったのですが、
蓋をあけてみればあんまりでなかったな、という印象です。
そんななかでも「社会的養護」問9をご紹介します。


問9 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。
【事例】
児童養護施設に勤務するJ保育士(25 歳、男性)は、実父からの激しい身体的虐待が原因で
入所 したK君(17 歳、男児)を担当している。
ある日、職員不在の場面でK君が同じ施設に入所している 同室のL君(16 歳、男児)の
携帯電話を無理矢理に取り上げ、使い始めた。
取り返そうとしたL君 に対して押し倒し、3回蹴飛ばした。
L君は悲痛な表情でJ保育士に事情を伝えに来た。
すぐにJ保 育士はK君とK君の自室で2人で話をすることにした。
J保育士の注意に対してK君は悪びれる様子 もなく、
「あいつ、うざいんだよ。職員に言いつけやがって。今度殺してやる。」と話した。
日頃から 他児に対して暴力を振るうことが多かったK君に対して
J保育士は腹を立て、K君の胸ぐらをつか み、
「自分がしていることを分かっているのか。反省しろ。」と怒鳴った。
その後、罰としてK君にそ の日の夕食を与えないこととした。


【設問】
J保育士のこの対応の説明として、適切な記述の組み合わせを一つ選びなさい。

A 「民法」により親権者の懲戒権は認められており、
  時には子どもの行動を正すために、胸ぐらを つかみ、怒鳴ったり、
  食事を与えない程度であればしつけとして認められている。

B K君の行動は実父からの虐待が要因として考えられるため、
  J保育士のこうした対応は暴力を肯 定することにつながるとともに、
  フラッシュバックを生じさせる可能性がある。
C K君の行動は実父からの虐待が要因として考えられるため、
  J保育士はK君の暴力を肯定するべ きであった。
D J保育士のこの対応は、被措置児童等虐待にあたる可能性があるため、
  K君を含めこの状況を発 見した者は児童相談所等に通告することとされている。


これの正しい選択肢はBとDですね。
読めばなんとなく正解がわかります。
ただこの問題で注目すべきは、選択肢Aです。

Aを読むと、J保育士の行動は懲戒からは外れているのでアウト、
だから✖、と判断してしまいがちです。
でもこの選択肢は、そこが意図ではありません。

こここそまさに法改正の範囲でした。
2020年4月1日施行の「児童虐待防止法」「児童福祉法」の改正です。

「児童虐待防止法」第14条第1項
児童の親権を行う者は、児童のしつけに際して、体罰を加えることその他民法第820条の規定による監護及び教育に必要な範囲を超える行為により当該児童を懲戒してはならず、当該児童の親権の適切な行使に配慮しなければならない。


「児童福祉法」第47条第3項
児童福祉施設の長、その住居において養育を行う第6条の3第8項に規定する厚生労働省令で定める者又は里親は、入所中又は受託中の児童等で親権を行う者又は未成年後見人のあるものについても、監護、教育及び懲戒に関し、その児童等の福祉のため必要な措置をとることができる。ただし、体罰を加えることはできない。


選択肢Aは、この2つの法改正が理解できているのかを問うものでした。
つまりJ保育士の懲戒を超えた暴力だから✖なのではなく、
親権者の懲戒権を理解し、
その上でここの法改正のポイントである
児童のしつけに際して、体罰を加えることなどの必要な範囲を超える行為で
児童を懲戒してはならない
」を押さえておかなければいけませんでした。


さらにこの選択肢Aは、実は色々な要素がつまっています。
まずAでは親権者の懲戒権について示しています。
これはもちろんその通りなのですが、
児童養護施設における児童の親権と懲戒権は誰がもっているのか?を
考える必要があります。
児童養護施設の児童は、
①親が親権をもっている=親権者は親
②親が親権をもっていない=親権者は施設長
の2種類の状態です。
そして親権者には懲戒権がありますが、
児童養護施設において親権がある児童に対する懲戒は、
「児童福祉法」により、施設長も行えることになっています。


選択肢Aを一般的な話と解釈することもできますが、
もしこの事例に沿って解答するとしたら。
選択肢Aでは施設長は出てきておらず、
J保育士が主役だと思うのですが、
施設の職員には懲戒権はありません。
ここでおかしい、と思ってほしいです。
したがってJ保育士について、懲戒権がどうこう、というのは間違っています。



以上、いかがでしたか?
この選択肢は、法改正がポイントだ、って気づけてたら嬉しいです。



さて今後も、こんなふうに、
単なる解説ではなく、どういうところが根拠で、
何を注意しなければいけなかったのか、をテーマに
問題を抜粋して解説していきます。
皆さんが解説してほしい問題がありましたら、
コメント欄からお知らせください。


ところで今回の試験では、
私は1問だけセンターに疑義申立てをしています。
ある程度ばれちゃうから先に言いますけど、
「子ども家庭福祉」の問5です。
月曜に解いたときに、すぐおかしいと思いました。
ここを覆せるかどうかわかりませんが、
がっつり根拠を書いて送っていますので、
去年「社会福祉」を1問覆せたように、
今回もなんとかなればいいなと思っています。





実験でブログ村ランキングに参加してみることにしました。

よろしければクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 資格ブログ 保育士試験へ




hoikushshisakurako at 22:03|PermalinkComments(4)前期試験桜組2021 | 社会的養護