2019年04月

2019年04月30日

言語表現のジェスチャーについて

引き続き、桜子先生です。

今ミントアイスをいただいたので、元気です。
そんなわけで、今日はブログもう1本いきます!

実技試験、言語表現のジェスチャーについて。
…今年の受験の手引きをみて、驚きました。
「お話の内容をイメージできるよう、適切な身振り・手振りを加えてください」
という一文があったからです!

今まで、ジェスチャーをしろ、という要件はありませんでした。
2019年からはじめて加わったのですね。

これどうしてだろ?
試験官が、同じお話聴き続けて飽きるから?
いやいや、そんなわけないですよね。
あえてこの要件をつけてきたからには、理由があるはず。

そこで、私が考えるジェスチャーのポイントは、
以下の通りです。

①3分間のお話の中で、効果的に3~4回前後入れる
②ジェスチャーの範囲は、からだの幅の範囲で
③ジェスチャーで子どもの集中力を途切れさせない

まず①
ジェスチャーをどこで入れるのが効果的かといいますと、
動きのあるセリフのところです。
たとえば「3びきのこぶた」で、
こぶたがとんとん、と釘を打つところ。
オオカミがふ~~~と息を吹きかけるところ。
たとえば「ももたろう」で、
ももがぱかん!とわれるところ。
鬼が最後に反省して泣くところ。
たとえば「3びきのやぎのがらがらどん」で、
やぎがカタコト橋を渡っていくところ。
たとえば「おむすびころりん」で、
ねずみがおもちをぺったんつくところ。

セリフを吟味しながら、
ジェスチャーを加えていってくださいね。
そして動作は、ゆっくり目のほうがよいですよ。

②ジェスチャーの動きの範囲ですが、
からだを正面に向けたときに、
手は顔の横まで。
または肩の幅まで。
この長方形の範囲でするといいですね。


これは②に通じるのですが、
あまり派手なジェスチャーをすると、
子どもがそれに気を取られ、
お話に集中できない、と判断されます。



これは私の経験なのですが、
自身はミュージカルをずっとやってきていて、
普段から「芝居がかってる」といわれる人間です・・・
で、実技試験、自信満々に言語を選んで、
派手にジェスチャーも加え、演技してきました。
・・・結果、33点でした。
自分が講師になってわかったのは、
素話は演劇ではない、ということです。
あくまでも、話一本で子どもに集中して話を聴かせるので、
大げさな演技や、派手なジェスチャーは、マイナス要因になるのです。

ていねい、ゆっくり、
子どもの反応をみながら(という演技をしながら)、
「素話」をしてきてくださいね!


hoikushshisakurako at 21:16|PermalinkComments(6)保育士試験 | 実技

チーム桜子の皆さんへ(合格メソッド運営のお約束)

皆さんおはようございます、桜子先生です。

平成最後の日の東京は、冷たい雨です。
何が変わるってわけじゃないんですけど、
何か厳粛な気持ちになりますね~。


さて、今回のブログでは、
「桜子先生の保育士試験合格メソッド」を運営するにあたり、
運営のお約束を、皆さんの共通認識として一緒に確認し、
より発展的な運営につなげていくことが目的でアップします。


この合格メソッドは、桜子である私がひとりで運営しています。
それを踏まえて、以下の通り運営していきます。
チーム桜子の皆さん、どうぞお読みくださいね。


<さまざまなリアクション>
本業中(基本平日の日中、たまに週末も)は対応しません。
ご承知おきくださいね。
夜は、だいたい23時くらいまででしょうか・・・
(美容のために早く寝なくちゃ)

<ツイッターの相互フォローについて>
原則、フォローしてくださった方は、こちらもフォローさせていただきます。
残念ながらフォロー解除の際は、
気づいた段階でこちらも解除させていただきます。
フォロー、リムーブはご自由にどうぞ。

<ツイッターのダイレクトメッセージについて>
相互フォローの方はお送りいただけます。
(相互フォローでないと、私が気づかない)
ご相談などをお受けしますが、
今回のように試験後ご相談が殺到するときは、
窓口を一時閉鎖する告知をいたしますので、
告知があった際はどうぞご協力ください。
また、お返事は極力早めにお返ししたいと思っていますが、
順番にお返ししますので、
1週間以内の猶予をいただければ幸いです。

<ツイッターのタイムラインのリプライについて>
定期的にチェックし、確認したものについては
必ず「いいね」を押しています。
もし皆さんが私に反応してほしいリプライをお送りくださったのに
いつまでたっても「いいね」がつかなかった場合は、
それは申し訳ないですが、見逃している可能性が大きいです。
その場合は、大変恐縮ですが、再度リプライをお送りくださいね。

<ブログについて>
皆さんの学習の役に立つような記事を
定期的にアップします。
ブログにアフィリエイトなどは仕込んでおりませんので、
気軽にご訪問ください。
PDFのダウンロードはもちろん無料です。
ご自由にダウンロードなさってください。
また、PDFについて、誤植や誤りを発見された際は、
お手数ですがご一報ください。

<ブログのコメントについて>
これまでフリーにしていましたが、
承認制にいたします。
こちらで内容を確認しましたら、公開とさせていただきます。
(スパムを警戒するためです)

<皆様からのリアクションについて>
大変うれしく拝見しています。
皆さん、「先生は忙しいのに申し訳ない」とおっしゃって
ご連絡をくださいますが、大丈夫です。
本当にだめなときは告知しますので、
どうぞお気軽にからんでくださいね。

<ツイッターのフォロワー様同士の交流について>
チーム桜子で集結しているタイムラインですので、
私のタイムラインで私抜きで交流なさることも、大歓迎です。
孤独な保育士試験、仲間とつながって、
一緒に合格を目指していただければと思います。
また、保育士試験についてだけではなく、
気分転換になるような話題も、どんどんお話しくださいね。
(私もからみにいきます~)

twi-4234

今回の試験後、フォロワー様が1400名を超えました。
過去の経験から、今後も一定数増加していくことが予想されます。
そこでこの機会に、一度お約束を整理させていただきました。


私の合格メソッドでは、
試験に合格するための情報を提供していくことが第一義ですが、
それと同様、試験合格を目指してがんばっていく皆さんと
結束し、協力し、励ましあって、
そして全員で大輪の桜を咲かせること、
これが大きな目的でもあります。
ここに訪問してくださったかたは、全員チーム桜子です。
みんなで合格しようね。
私は全力でサポートいたしますよ!
これからもよろしくお願いいたします
🌸



2019年04月29日

「社会的養護」PDFもう1つ補足

皆さんこんばんは、桜子先生です。

「社会的養護」のPDFですが、
悩みながら、もう1つ追加しておきます。

それは「児童養護施設入所児童等調査」です。
とうとう今回の試験では、
全科目、この調査からは出題されませんでした。
この調査は現在新しいものをとりまとめ中で、
私の推測では、「2020年4月1日」が出題基準日の試験から
新しい調査結果となると思っています。

ということで、この調査はもう古くなっているのですが・・
神奈川が過去にこの調査から出しているので、
もしかしたら最後の念押しで、ここから来るかな?
なので一応、PDFと動画をご紹介しておきますね。

「児童養護施設入所児童等調査」(厚生労働省)(平成25年2月1日現在)

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/jidouyougochousa.pdf





参考程度にご確認いただければ幸いです!
(いやでも油断できないかな~~)

hoikushshisakurako at 21:29|PermalinkComments(0)保育士試験 | 社会的養護

GWに学習できるPDFについて(PDF再掲)「社会的養護」

皆さんこんばんは、桜子先生です。

いよいよ平成の終わりも近づいてきましたね~。
何が変わるってわけじゃないのですが、
世間が浮足立っているせいか、
な、なにかしなくちゃだめ!?
そうだメモリアルにデパートで買い物しなくちゃ!
と、悪い方向に意識がいっております・・・


さて、今回は「社会的養護」PDF再掲です。
先日の試験では、
「これ社会福祉の範囲じゃね?」
というような、社会福祉援助技術に関する問題が出ましたね~。
児童家庭福祉のときにもご説明しましたが、
やはり福祉系は、3科目の垣根を低くして、
学習していくことが要求されます。


それではご覧ください。

厚労省資料「社会的養育の推進に向けて」(平成31年1月版)
この資料ですが、実は今、厚労省のホームページには、
「平成31年4月版」というものが掲載されています。
しかし4月版といっておきながら、
公開されたのは4月の半ばでしたので、
基準日のルール的には、今回の1月版のほうが範囲になると予想しています。
*これは大量なので、印刷しなくてよいです。
PC,スマホで眺めてくださいね。

http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/000474624.pdf


「社会的養護の課題と将来像まとめ」
厚生労働省資料「社会的養護の課題と将来像」(平成23年)のまとめです。
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/kadaitoshouraizou.pdf


「児童の権利に関する条約まとめ」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/kenri.pdf


「社会福祉・社会的養護の歴史」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/rekishi.pdf


「社会福祉の主要法令の制定年」(社会的養護でも注意が必要)
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/seitei.pdf


「児童福祉施設」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/shisetsu.pdf


「児童福祉施設の面積基準」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/menseki.pdf


「障害児施設における配置基準」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/shougaijikijyunn.pdf


「児童福祉施設の職員の配置基準」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/kijyun.pdf


「障害児に対する施策」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/shougaiji.pdf


「里親制度」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/satooya.pdf


「親権と未成年後見人」
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/shinken.pdf


「社会福祉援助技術」(社会的養護でも注意が必要)
http://hoikushshisakurako.livedoor.blog/enjogijyutsu.pdf


以上の資料のうち、児童家庭福祉に掲載したPDFと
かぶっているものがありますので、
ダブルで印刷ならさらないようにご注意くださいね。

twi-4234


ということで、社会的養護でした。
ご活用くださいね!


hoikushshisakurako at 20:27|PermalinkComments(3)保育士試験 | 社会的養護

2019年04月28日

実技試験<音楽>課題曲のテンポ(YouTube)

皆さんこんばんは、桜子先生です。

音楽表現の「どんぐりころころ」と「バスごっこ」、
テンポはどれくらいですか?と
ご質問をいただきました。

これはいくら文章でご説明してもなかなか伝わらないので、
久しぶりに動画を撮影してみました。
音楽表現を受験されるかたは、ぜひご覧くださいね~。




twi-4234


実技試験の練習は、楽しみながら進めるのがポイントです。
ゆっくり練習していってくださいね!


hoikushshisakurako at 21:59|PermalinkComments(0)保育士試験 | 実技